« 雨と風で落ちた枯れ葉 | トップページ | パソコンのトラブル »

2013年11月27日 (水)

アイソン彗星から

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Galleryplayer22_moon むかし、親父から、箒星が地球に落ちたら「人間は生きていられないぞ」と話され、これはエライ事だと子供ながら落ち込んでしまったことを思い出します。

今世紀最も明るいとされる「アイソン彗星」は、今月末に太陽に最接近するという。太陽の重力や熱で崩壊することがなければ、12月の、夜明けに肉眼で観察出来るらしい。

このアイソン彗星はハレー彗星とは違いこれから先戻ってくることはないそうです

宇宙航空研究開発機構とNHKは26日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の若田光一さんが、ISSに搭載された超高画質ビデオカメラでアイソン彗星を撮影したと発表しました。

宇宙機構とNHKは、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K技術を使った宇宙用カメラを開発。8月に鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられた補給機「こうのとり」4号機でISSに届けられたそうです。

宇宙は謎が多いですが、夜空の星を見ていると、夢を見ているような気がします。そして日常起こる、嫌なことを忘れさせてくれます。そして星を見ているとファンタジックな夢気分になるのです。

それだけ宇宙は、謎が多いと言うことでしょう。ですから占いなどに使われるのだと思います。規則正しい動きのすべては科学で解明出来ないから、人間は祈ったり、信じたりするのでしょう。

若田さんは子供のころから、夢をより強く持っていた人だと思います。目標を立て努力すれば、叶うということです。

« 雨と風で落ちた枯れ葉 | トップページ | パソコンのトラブル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイソン彗星から:

« 雨と風で落ちた枯れ葉 | トップページ | パソコンのトラブル »