« 栗の実 | トップページ | 好奇心を持つこと »

2013年9月 3日 (火)

心というもの・・・

09higanbana_haguroyama21 「心」とは・・・(ウキペディア)非常に多義的・抽象的な概念であり文脈に応じて多様な意味をもつ言葉であり、人間(や生き物)の精神的な作用や、それのもとになるものなどを指し、感情、意志、知識、思いやり、情などを含みつつ指している。

私達は普通、心という固定したもの(概念)があって、それが絶え間なく周りの世界を認識するのだと考えています。しかし、そうではない・・・心そのものは本来、鏡のように無心であって、そこには、喜怒哀楽などの感情はないのです。

ただ目の前に現われたものが、その都度その都度の「心」を創り出していく・・・そう思うと心というものは、何と奥深いなものであろうかと思うのです。

何も無いからかえって何にでもなるという奥深さです。有るようで無く、無いようで有るというのが心の本性ですから、「幽玄」だと言えるでしょう。

心というものは固定したものではなく、良いことに出会うと喜び、悲しい場面に出会うと憂鬱になるというように、コロコロと動くので“こころ”と言うのだという人も・・・

心の本性を、そのように流れのままに掴むことを、「無心」というのです。無心と言っても何も思わないことではありません。ただ喜びや悲しみの情に執着しないだけです。

私達はそういう自由な心の流れを、「執着」によってせき止め、喜びとか悲しみとかいう心として、固着させてしまうのです。鏡の表面はもともと綺麗に透き通っていますから、鏡そのものさえ存在しないように見えます。私達の心もそうでなければいけません。

ところが私達の心は無心どころか、あれは好き、これは嫌いというように分別し、それにこだわります。これが煩悩というものの煩わしさで、せっかくの綺麗な心も、煩悩の垢でドロドロになってしまっているのです。

« 栗の実 | トップページ | 好奇心を持つこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心というもの・・・:

« 栗の実 | トップページ | 好奇心を持つこと »