« 楽しいことがなければ人生でない | トップページ | 老いを考える »

2013年9月 4日 (水)

子どもの昼寝と法師蝉

10shiretoko5go_1ko21 昼寝の子 眠気打ち消す 法師蝉

法師蝉の季語は初秋です。子育ての若い奥さんは、片付け物をしたいと、子どもを昼寝させようと思い、寝かしつけるのですが、突然に戸袋で法師蝉が鳴きだしてしまい、なかなか寝ない・・・昔の農家だった、私の生まれた実家での光景が今も残っています。

「ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクシンニョー、ツクツクシンニョー、ツクツクシンニョー、ニ(シ)ャー」・・・と聞こえますが、日本でも土地により違うようです。初秋というと陽射しは強いが、乾いた空気と鰯雲のイメージがあります。

今日は大気の不安定な一日と天気予報でしたが、予報どおり、朝晴れていたが、突然降りだすという。いわゆる、お天気雨の降る一日です。

« 楽しいことがなければ人生でない | トップページ | 老いを考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの昼寝と法師蝉:

« 楽しいことがなければ人生でない | トップページ | 老いを考える »