« 老いを考える | トップページ | むかしの遊んだ思い出 »

2013年9月 5日 (木)

「婚外子」相続差別 違憲は当然

00nyudogumobgm1 婚外子だからと言って、親の都合で生まれ・・・「生まれた子には罪はない」・・・現代人の感覚では、遺産相続などで、婚内子と差別はあってはならないのは当然と思いましたが・・・「婚外子」相続差別 最高裁が違憲判断 でした。

NHKwebニュース・・・両親が結婚しているかどうかで子どもが相続できる遺産に差を設けている民法の規定について、最高裁判所大法廷は「社会が変化し、家族の多様化が進むなかで、結婚していない両親の子どもを差別する根拠は失われた」と指摘し、「憲法に違反する」という初めての判断を示しました。

明治時代から続いてきた相続に関する民法の規定は改正を迫られることになります。民法では、結婚していない両親の子ども、いわゆる「婚外子」は結婚している両親の子どもの半分しか遺産を相続できないと規定されています。

これに対して、東京と和歌山のケースで、遺産相続の争いになり、ことし7月に最高裁判所の大法廷で弁論が開かれていました。
最高裁判所大法廷の竹崎博允裁判長は決定で「子どもは婚外子という立場をみずから選ぶことも取り消すこともできない。

現在は社会が変化し、家族の多様化が進むなかで、結婚していない両親の子どもだけに不利益を与えることは許されず、相続を差別する根拠は失われた」と指摘し、「民法の規定は法の下の平等を定めた憲法に違反している」という初めての判断を示しました。この決定は、審理に加わった裁判官、全員一致の結論です。

両親が結婚しているかどうかで子どもの相続に差を設ける規定は、115年前の明治31年に施行された民法で設けられた法律で、国会は迅速に法律を改正すべきと思います。

新聞各紙の社説・・・

朝日・・・「婚外子差別―遅すぎた救済のつけ」

読売・・・「婚外子相続差別 家族観の変化に沿う違憲判断」

毎日・・・「婚外子差別違憲 長かった平等への道」

産経・・・「相続格差は違憲 「法律婚」の否定ではない」

« 老いを考える | トップページ | むかしの遊んだ思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「婚外子」相続差別 違憲は当然:

« 老いを考える | トップページ | むかしの遊んだ思い出 »