« 秋燈 | トップページ | 中秋の名月 »

2013年9月19日 (木)

老婆心と余計なこと

005 「老婆心と余計なこと」

「老婆心」・・・余計な親切心。親切の度が過ぎて、不必要なまでに世話をやく事です。

満員電車の中、若い女性が、初老に席を譲ろうとした。誰が見ても、良い感じに見えたとおもいます。いや~今どき、何の躊躇もなく、席を譲れるなんてそうそうできない。

そんなタイミングで、初老に声をかけたのに・・・いらぬお世話と吐き捨てたのです。

(こんな光景はよくあることだとおもいます?逆に席を譲るのは当然と思うお年寄りの方もいます。)

あなたは信じられますか、この行動・・・確かに相手にとって老婆心に思えたかもしれない。それにしてもいい大人が、「有難う」も言えない。

言われた初老の方は、まだ若いとプライドを持っていたのでしょう。そのプライドに酷く傷つけられたのでしょう。

しかし世知辛い世の中で、「思いやり・優しさ・人情」などの言葉が一人歩きをしているように思えます。「ありがとう・・いや結構です」と声をかけることが世の中住み安くするのだと思うのです。

ちょっとの心づかい・の言葉がけで、世の中明るくなるものです。かけた人も、かけられた人も、一日「幸せ」を感じていられると思うのですが・・・

« 秋燈 | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

おじゃまします。
>かけた人も、かけられた人も、一日「幸せ」を感じていられると思うのですが・・・
まさしく、その通りです。折角の幸せ感なのに淋しい方ですね・・・

“ 狭量を 度量に変える 年の功 ”

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老婆心と余計なこと:

« 秋燈 | トップページ | 中秋の名月 »