« 心の羅針盤 | トップページ | 慈悲の心が世界平和に・・・ »

2013年7月 1日 (月)

時の過ぎ行きは・・・早い

E6_01xga 2013年も半分過ぎて今日は7月1日です。時の過ぎ行きは早いと感じる今日この頃です。

思い出す・・・花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに(小野小町)               

花(桜)の色は、むなしく衰え色あせてしまった、春の長雨が降っている間に。ちょうど私の美貌が衰えたように、恋や世間のもろもろのことに思い悩んでいるうちに・・・

そして、書きとめて置いたものですが、「心の時計」(天声人語)・・・

年を重ねると、月日の流れがどんどん速くなる。楽しい時間が駆け足なのは常としても、退屈な時間まで大股である。

物の本によれば「心の時計」のせいらしい子供には未知の行事や出来事が次々に訪れ、心の時は細かく刻まれる。だから時間がゆっくり進むように感じる。

大人になると胸躍イベントが減り、加齢で代謝も鈍り、心の時計は緩慢になる。つまり実際の時の流れを速く感じると、言うわけだ。単なる感覚でなく、理屈があったことに納得!

でも楽しいことも、退屈なことも早足というのも忙しいことです。楽しいことはゆっくり過ぎてほしく、退屈な時はなるべくないことを願いたいものです。

« 心の羅針盤 | トップページ | 慈悲の心が世界平和に・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時の過ぎ行きは・・・早い:

« 心の羅針盤 | トップページ | 慈悲の心が世界平和に・・・ »