« 人間は悩める葦である | トップページ | 中国の反日デモの背景 »

2012年9月28日 (金)

広場はみんなのもの後に使う人のことを考えて!

私達にまちに「片倉時田まちの広場」があります。2009年6月に関係者のお力で、念願かなって出来たものです。

その管理は片倉町一丁目町会で行うということです。主に公園アドプトにより市から支援を頂き、町会でも「緑の会」をつくり、会員20名ぐらいで毎月第三日曜日に草取りや清掃活動をしています。

しかし、近くにスパーがあり、人通りが多く、スパーの営業も夜9時迄と遅いので、広場を利用する人が多い。利用するのは結構だが、夏には花火・ビール・冷水・弁当・お菓子など、飲食をする人がいます。

食べた後の缶、ペットボトル、お菓子の苞装紙や、犬の散歩で糞の始末をしていかない、心無い人が後を立ちません。

昨日は、老人会のみなさまが、ゲートボールして楽しんでおられた、ちょとはなれたところに、バイクを分解し、エンジンのカバー・サドルのクッションが散乱していた。そして飲んで・食べて作業?をしたのでしょう。

タバコの吸い殻と、食べ残しの弁当・空き缶・飲みかけペットボトルが散乱していました。ゴミを集めたのですが、500リットルの袋一杯になりました。本体のバイクは東側の倉庫の陰においてあった。もちろんナンバープレートは外されていました。警察に相談して、市役所・公園課に、バイク本体の処分いお願いしました。

みんなの広場ですので、みんなで協力して、気持ちよく使うには、使ったら後に使う人のことを考えてほしい。もし、ゴミや犬の糞があったら始末する。誰かがやるからいいだろう。私が汚したのではないから・・・ということではなく、気がついたら積極的に行動に移すようにお願いしたい思いました。

« 人間は悩める葦である | トップページ | 中国の反日デモの背景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広場はみんなのもの後に使う人のことを考えて!:

« 人間は悩める葦である | トップページ | 中国の反日デモの背景 »