« 長びく中国のデモ | トップページ | アイデンティティの確立 »

2012年9月20日 (木)

運命は変えられる

Hiroshima101 運命(論者)・・・有名な国木田独歩の小説が有名だが、そして超有名な作曲家「ベーとヴェン」「運命」がある。運命論とは、未来は神または超越的存在によってあらかじめ定められている、とする考え方。(ウキペディア)

人の一生は生まれたときに決まっているという人がいるが、それはそれまで生きてきた結果を見て言うことで、決して運命は生まれたときに決まってはいない。

では、運命とは、人間の意志を超越して人に幸、不幸を与える力。また、その力によってめぐってくる幸、不幸のめぐりあわせ。(大辞泉)

運命の人と出会って・・・考えかたや、生活に大きく影響する妻であり夫になる人で、結果は決まると思い込んでしまう人がいる。また、宗教や、哲学を持ったある人の言葉で大きく考えを変えることで、それらの影響で、人の幸せ・不幸せが決まってしまう力ということになる。

人が不幸にして、その境遇になったり、死んでしまったりしまった時に「ヤッパリそういう運命だったのだ」という人がいたり、努力して幸せを勝ち取り成功した人に、そういう運命だったという。

考え方の違いで、結果をみていう言葉で、「評価」と、置き換えていることだと思う。つまり運命はその人の努力で、幸せを勝ち取ることが出来る。それは、人間は一人では生きていけないという大前提がある。多くの人による人間社会の中で、幸・不幸の結果を評価する時に使うことばである。

私は運命はマイナスイメージが強く、あきらめの考えが潜んでいると思う。そうではなく、自分が努力すれば、進む方向も変えられ、新しい希望や夢を持ち新化できる。つまり、貧しい境遇の家に生まれた人は、貧しい人生を送るようになるという事は決してない。運命はその人の努力次第で変えられるのである。

« 長びく中国のデモ | トップページ | アイデンティティの確立 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命は変えられる:

« 長びく中国のデモ | トップページ | アイデンティティの確立 »