« 虫なのか?原因分からず | トップページ | 認知症などの介護問題を考える »

2012年9月15日 (土)

故郷から夢や感動を・・・

08ringo_tyoukai11 誰も生まれ育った故郷はあります。私はふるさと言えば、お袋の匂いを感じます。そこで生まれ、育った3歳のころまで、母ちゃんの乳房をまさぐり、しゃぶった幼き頃の姿が頭に残っています。よく乳離れが遅い子で・・・といわれて幼児期を過ごした記憶があります。

忙しく駆け抜けてきた人生、思うことはふるさとですです。今あの時にタイムスリプしてみますと、あの時の空気の色や、水の色、空気の透明感は忘れられない。ふるさとは元気にしてくれます。疲れた時、悲しい時、辛い時に、訪れたくなる“ふるさと”・・・気持ちをリフレッシュしてくれます。

山でウサギを追い、川で小鮒を釣り、子供達と遊んだり、けんかをしたりしたが、みんな大きくなって大人にしてくれました。

母親の優しい笑顔で、「何時でもいらっしゃい。」そして「頑張りや」と声をかけてくれます。涙を流して「おかあちゃーん」と叫びたくなる心のふるさと――を、大事にしていきたい。

ふるさとは弱って、傷つき落ち込んだ心を蘇らしてくれます。「ふるさとを守る」と、いう事は、とっても大事なことなんです。

今の子供達に、ふるさとの自然を守る心に触れる機会を設けたり、自然を守る心やふるさとを思いやる心を感じさせる。道徳授業を地域の皆さんと協力し合い行うことも大事です。

「自然のすばらしさや不思議さに感動し、自然や動植物を大切にする」そこに生きる小動物や生き物を間近に見ることができて、ふるさとから、夢や感動出来る自然を守り残して行かなければなりません。

« 虫なのか?原因分からず | トップページ | 認知症などの介護問題を考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷から夢や感動を・・・:

« 虫なのか?原因分からず | トップページ | 認知症などの介護問題を考える »