« 幸せに生きるということ | トップページ | 改めて思うまちづくり »

2012年9月 6日 (木)

中学生自殺で思う

A2 昨日札幌市で、市立中学一年生男子の飛び降り自殺があった。「いじめられていて死にたい」と記した遺書とみられるメモを持っていた。市教育委員会と学校は5日夜に市内で開いた記者会見で「現時点でいじめの事実は把握していない」とした。

あってはいけないことであるが、起きてしまった。なかなか学校の先生や、親御さんでも子供の悩んでいることに気付かないで、事件が起きて大騒ぎするといったことが続いている。

大津事件で、文科省では、「いじめ・学校の安全対策で総合的な取組方針」策定を通達をだした。これまで以上に学校、教育委員会、国、さらには家庭や地域も含めた社会全体が一丸となって、いじめや学校安全等の問題に取り組んでいくことが必要との趣旨である。

そこで気になるのが、学校は「いじめはあるものとして考えていない」と判断してしまっていることだ。勿論何をやっているのか全く存在価値がない教育委員会、橋下大阪維新の会では教育員会の不要論まで出ているくらいで、いじめについての認識不足が事件となっている。その対応の拙さがなんとも心もとない。

都道府県教育委員会と市町村教育委員会の役割分担の明確化もあるだろうし、実際こういったいじめで、自殺事件が起きて、始めて存在が分かるようでは情けない。教育委員にその責任を自覚させるという意識改革が必要だろう。

確かに教育員会は5人で、いじめ対策まで手が回らないだろうと思うが、学校側と良く連携をとって、「集団生活の中では常に“いじめ”はある」このことを念頭に置いて注意深く監視していくと言うことを徹底すべきである。

夫婦共稼ぎが多い、忙しいがしい現代社会、親も子供が元気でいるからと外見上で判断すのではなく、話す機会を多くし、スキンシップも含め心のケアーも大事だ、悩みごとを聞くという心の余裕を持ってもらいたい。

« 幸せに生きるということ | トップページ | 改めて思うまちづくり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学生自殺で思う:

« 幸せに生きるということ | トップページ | 改めて思うまちづくり »