« 秋なのです | トップページ | 胃ろうと尊厳死を考える »

2012年9月14日 (金)

同志性感じてた…残念

09oga_akanegumo11 自民・谷垣氏に「同志性感じてた…残念」 

野田首相 産経新聞web記事・・・「心の奥底における同志性はものすごく感じていた。残念な気持ちがあることは間違いない」。野田佳彦首相は12日、日本記者クラブ主催の民主党代表選の公開討論会で自民党の谷垣禎一総裁をこう評し、総裁選出馬断念を惜しんだ。

出馬断念の報を聞いたときは「涙を流してはいないが、大変衝撃を受けた」という。「社会保障・税一体改革は先送りできないとの問題意識を持ち、お互いに党内で山があったが、お互いに乗り越えた」と述べ、消費税増税法成立までの谷垣氏との協議を振り返った。

ただ、谷垣氏と約束した「近いうち」の衆院解散については「天地神明に誓って特定の時期を私は明示していない。(時期を)谷垣氏が詰めてきたわけでもない」と言い切り、「心の同志」に助け舟を出すことはなかった。

両者とも「社会保障・税一体改革」は共通の認識を持っていたということで、谷垣氏が総裁選に出馬を断念したことに、残念との思いだのだろう。

垣氏を同志と呼び、同じ仲間の小沢氏を逆に追い出した。野田首相は元々は自民党の体質を持っており、民主党の同志よりは自民党にシンパシーを感じるのだろうか・・・

谷垣氏の出馬断念で、解散の時期が、「近い内に」から「やるべきことをやり抜いた後、しかるべき時に信を問う」に強調し、先延ばしを正当化の考えであるようだ。

憂国日本、代表・総裁選の候補者の中で日本を救うリダーになり得て、信頼が出来る人間がいるだろうか、国民に候補者の考えを充分伝え、納得行く人がリーダーになることが大事だ。民主・自民の党員からと、国民(解散・総選挙)は期待するところだ。

総裁候補の5人に、野田政権のどこに問題があり、自分なら日本をどうするのか。聞きたいのは、一国をになう覚悟とビジョンである。

« 秋なのです | トップページ | 胃ろうと尊厳死を考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同志性感じてた…残念:

« 秋なのです | トップページ | 胃ろうと尊厳死を考える »