« 31年ぶりの貿易赤字こと | トップページ | 幸せ・・・若い頃は刺激を、高齢になると平穏さを・・・求める »

2012年1月26日 (木)

日陰の雪が固まり歩くのに怖い

08take_yuki21 20日に降った雪が家などの日陰に残っている。それが歩道であったりすると、踏み固められて氷化してしまっている。今朝も私達の町の片倉町一丁目町会の会館前の通称北野街道の歩道で、自転車で通行中の女性がタイヤが滑って転び顔をガードレールに激突した。

今日の気温は、5度ぐらいで、溶けない、更に今週は低温の日が続く模様である。歩道が狭く、歩行者・自転車の方は、転んで思わぬ大怪我をする。

その光景をみて、シャベル・草かきなどで除去いたのだが、踏み固められた雪は、容易には剥がれない、作業の様子を見て、バス停でバスを待っていた男性の方が手伝っていただいたりした「日が当たれば剥がれるが・・・これは大変」とため息を漏らしていた。

汗をかき、約5メートル幅50センチを1時間かけ、ようやっと除去できた。手は震えが止まれなかったが、町内の方をはじめ通行する方が安心して通れると思うと疲れが飛んだような気がする。

日陰の雪が踏み固められて怖い。市内にはまだまだ、こういった箇所は多いと思う、気をつけないと、転んで大怪我をする。

« 31年ぶりの貿易赤字こと | トップページ | 幸せ・・・若い頃は刺激を、高齢になると平穏さを・・・求める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日陰の雪が固まり歩くのに怖い:

« 31年ぶりの貿易赤字こと | トップページ | 幸せ・・・若い頃は刺激を、高齢になると平穏さを・・・求める »