« 敬う気持ちを忘れずに | トップページ | 我慢しようじゃないか »

2012年1月23日 (月)

春を追う

Ume000341  春を追い 梅の小枝が 空に揺れ

二十四節気 の大寒(1/21~2/3)中である。一年の内で最も寒いと言われている時期、春を待つ生物の心は、みな同じだろう。我が家の梅ノ木の梢は空高く、春を求めて追うかのように風で揺れていた。

待つ気持ち、追う気持ち、誰でも心は一つだ、春が来ることを期待し夢が膨らみ、希望が沸く。

« 敬う気持ちを忘れずに | トップページ | 我慢しようじゃないか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を追う:

« 敬う気持ちを忘れずに | トップページ | 我慢しようじゃないか »