« 幸せ・・・若い頃は刺激を、高齢になると平穏さを・・・求める | トップページ | 仕事が出来る・・出来ない »

2012年1月27日 (金)

国会・・・水掛け論は止めて!

Natsu1 国会の運営費は一日億円かかるという、消費税の問題で、民主・自民の水掛け論に終始しているのには国民もうんざりである。

国民から見れば「どっちもどっち」である。はっきりしたのは、消費税増税が公約違反かどうか-を問い詰めようとしても、結局は堂々巡りで全く話が前に進んでいないこと。

社会保障と税の一体改革に向けて「決められない政治」からの脱却を訴えた野田佳彦首相の施政方針演説に対する代表質問が国会で始まった。

自民党の谷垣禎一総裁は、首相が再三呼び掛ける一体改革素案の与野党協議には応じない姿勢を鮮明にするとともに、早期の衆院の解散・総選挙で民意を問い直すべきだと主張した。

今日本は、火急的な問題が山積して、水掛論でお金を費やしている余裕などないはずだ。世界の動きに対応していかないと、取り残されてしまう。

日本は、急坂に差し掛かっていて、転落する恐れが日に日に増してきていて、時間・お金に余裕がないのに、延々と結論が出ない話し合いには、国民は呆れてしまっている。これでは、国民の政治離れは広がる一方だ。

スピード・決断力がない政治には、魅力が感じられない。何とか話し合いのテーブルについて欲しいものだ。

« 幸せ・・・若い頃は刺激を、高齢になると平穏さを・・・求める | トップページ | 仕事が出来る・・出来ない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会・・・水掛け論は止めて!:

« 幸せ・・・若い頃は刺激を、高齢になると平穏さを・・・求める | トップページ | 仕事が出来る・・出来ない »