« 「情けは人のためならず」の諺と「絆」 | トップページ | 530でゴミゼロの日 »

2011年5月29日 (日)

ポスト菅氏は誰なのか

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Natsu1 菅直人首相G8のサミットへフランスに行っている間に、何故か民主党の小沢一郎氏と渡部恒三氏との合同誕生会が行われた。参加者160名の大集会となった。
何故か、反小沢色の強い前原さんが司会を勤め、「今後とも小沢氏ののご指導をお願いしたいと挨拶するなど、菅首相降ろしが明らかである。

小沢・渡部両氏による関係修復をアピールする挨拶。小沢氏が上機嫌で郷土民謡を歌うなど、そして民主離党意向の横粂氏が内閣不信任案がテレビ賛成を表明の会見したり、自民党幹事長の石原伸晃氏の菅首相の追求の記者会見と谷垣禎一自民党総裁の弱腰姿勢が見える。

そして最後に国民新党の亀井静香氏の「今頃菅降ろしなどする時か、歴史の批判に耐え得るか」と言う趣旨の発言する。野党の菅首相降ろしの批判を姿勢を滲ませている。

鳩山由紀夫前首相普天間基地問題を暗礁に乗り上げさせ、日米関係を悪化させたこと、そして、一旦表明した議員辞意を撤回したことなどの、場合に応じて都度変わるなど、問題の多い人だ。鳩山氏を「歩く公害」と言う人もいる。

小沢・渡部氏の誕生会で鳩山氏が祝辞を述べたそうだ。また小沢氏は、輿石氏と菅首相の震災対応批判をしているそうだ。あれだけの大失敗をし、民主党の支持率を一挙に下げ、多くの国民から信頼を全く無くしている鳩山氏に議員達は何を期待しているのか分からない。

小沢氏は陸山会の土地購入を巡る裁判で、不透明な経緯は、自民党の批判の的だったが、今は話題上らない。小沢氏グループの人達は支持率の低下は菅首相の所為だと責めているが、鳩山氏と小沢氏の「政治の金」の未処理により、野党時代のクリーン民主党のイメージを大きく損ないその支持率低下に大きいことには、説明がなされていない。

いづれにしても、公判は長く続くのは間違いない。小沢氏は「自分は知らなかった」と言い続けるだろう。自分と民主党のイメージをさらに傷つけて行くだろう。それでも民主党は小沢氏の政治力が必要だろうか。

谷垣自民党総裁の菅政権追求の発言に対して、民主党を離党した横粂一年生議員より意気地のない谷垣自民党総裁だとか、菅政権を倒す前に谷垣氏を倒せと言う自民党支持の人のブログまで流れているそうだ。

谷垣氏は明日、明後日にも内閣不信任案を出す鼻息である。菅氏はダメなら誰が良いか野党第一党の自民党として具体的に名前を上げるべきだ。何故なら不信任案が通っても菅氏が、今のように緊急事態に余程判断力が狂ったときしか議会を解散する訳がない。

もしも、そうさせた自民党の責任も問われるからで、それが不信任が成立の可否とともに、谷垣氏の菅首相降ろしの追求が弱腰になっている一番の理由だ。

あとは菅さんを降ろして、民主党政権のままトップを誰にするかしか考えられないから、その場合は次期首相の世論調査で何時も最下位近くにいる谷垣氏ではダメだ。

« 「情けは人のためならず」の諺と「絆」 | トップページ | 530でゴミゼロの日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポスト菅氏は誰なのか:

« 「情けは人のためならず」の諺と「絆」 | トップページ | 530でゴミゼロの日 »