« 梅雨に思う | トップページ | 正しい情報こそが復旧の近道 »

2011年5月26日 (木)

宇宙の謎は計り知れない

Star4jpega3ea231 今朝の時事通信のニュースで、【明るく輝く「はぐれ星」=大マゼランで発見―欧州天文台】

大マゼラン銀河で、太陽よりはるかに巨大な恒星が、星の集団の中心から遠く離れた所でぽつんと明るく輝いていることが分かった。何らかの理由ではぐれた可能性があるが、重力が強い巨星がはじき出されるメカニズムは謎という。欧州南天天文台(ESO)が国際研究チームによる観測成果として25日発表した。

大マゼラン銀河は、地球がある天の川銀河(銀河系)の近くにある。この巨星「VFTS682」は、質量が太陽の約150倍もあり、表面温度は約5万倍と非常に熱い。離れた所には「RMC136」と呼ばれる星の集団があり、この中心にある明るい巨星と似ている。

星はちりやガスが集まってできると考えられ、物質の密度が濃い所で数多く、より大きな星が誕生する。物質の密度が薄い所で突然巨星が生まれるとは考えにくく、はじき出された可能性が高いという。 

東日本大震災が起こり、アイスランドで最も活動の活発な火山が21日噴火して、噴煙が今後、南下し英、大陸欧州に及び、昨年と同様な空の交通の混乱を引き起こしている。

私達が住む地球も大宇宙からすればこのくらいの自然の中においては極小さい出来事かもしれない事象か?・・・人間の想像のつかない宇宙の法則があることを思い知ら された気がする。

« 梅雨に思う | トップページ | 正しい情報こそが復旧の近道 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の謎は計り知れない:

« 梅雨に思う | トップページ | 正しい情報こそが復旧の近道 »