« 苦境にになって知る人間性 | トップページ | 日本の非常時の意識を! »

2011年3月17日 (木)

心づかい・・思いやり

3612 「こころ」はだれにも見えないけれど「こころづかい」は見える。「思い」は見えないけれど「思いやり」はだれにでも見える。宮澤章二 【行為の意味】より

あなたの「心」は見えないが、あなたの「心づかい」見える。そしてあなたの胸の「思い」は見えないが、あなたの「思いやり」はみえる。それは、人に対する積極的行為だからだ。

暖かい心が、暖かい行為になり、やさしい思いやりが、やさしい行為になるとき、「心」も「思い」も初めて美しく生きる――それは人が人として生きることだ。

いま東北関東大震災で苦しんでいる人たちのことを思いやると、計画停電で文句を言っている場合ではない。を買い占めるている場合ではない。ガソリンを先を争って買うことではない。同じ日本人じゃないか、被災に遭って苦しんでいる人のこと考えたら―――

みんなが心を一つにしようとしているのだなと感じることができるように・・・思いやりの力が合わさって、少しでもッ状況が良い方向に進めて行くために、一人ひとり何が出来るのか・・・何をしたらいいのか・・・しっかりと判断して正しく行動して行くことが、今とても大事だと思う。人を救うのは、人しかいないのだから――。

« 苦境にになって知る人間性 | トップページ | 日本の非常時の意識を! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心づかい・・思いやり:

« 苦境にになって知る人間性 | トップページ | 日本の非常時の意識を! »