« うぐいすの初鳴きを聞く | トップページ | 自然と現実 »

2011年3月29日 (火)

四元素+原子力・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

05sikotuko31 四元素説とは、「火、水、土、空気」の四元素からなるという説。「それらを結合させる『愛』と分離させる『争い』がある。それにより、集合離散をくりかえす。この4つの元素は新しく生まれることもなく、消滅することもない。」という考え方が、古代ギリシア人にあったそうだ。

今、福島第一原子力発電所の放射能漏れで、人類が進化していくための武器として、四元素にもう一つ加え「五元素」にしようとしたが、宇宙大自然に受け入れらなく、否定されたようなことだ。

その放射能のそのもののエネルギーが、いかに強大だか、素人の私には想像が出来ない。人類文明の新化には、主力エネルギーである化石燃料は有限である。その代替に原子力は欠かせないところまで来ているのは私にも分かる。また、風力・地熱・水力でのエネルギーの利用も、設備な限界があるようでこれ以上は望めない。

いま、世界中でが原子力発電の利用の可否で大きな問題となって、チェノブイリ発電で大きな事故で問題となったロシアでも、ドイツ・イギリスなどでも反対派が増えているという。

もちろん日本でも反対派は増えていると思う。九州電力の玄海原発で定期検査中で稼動していなかった炉の再稼動が住民の反対で問題となっているそうだ。

福島第一発電は、想定外の地震・津波の大きさだったという理由での事故だと一部の関係者は発言があったそうだが・・・日本の安全神話が崩壊したのは間違いない。

しかし、私は将来は原子力の利用は欠かせない存在だと考えている一人である。管理の見直しの再徹底をしながら、私達人類の生活を安全に豊かにするためには、電気は不可避である。今や人間は、四元素の「火・水・土・空気」に+「原子力」に5大元素に位置づけるべきだ。

しかし、使い方間違えたり、管理を間違えたら大変な人類いや、地球上の生物まで生命を危うくするという恐ろしいことに、改めて思い知らされる。

« うぐいすの初鳴きを聞く | トップページ | 自然と現実 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四元素+原子力・・・:

« うぐいすの初鳴きを聞く | トップページ | 自然と現実 »