« この町に住んで良かったを目指して | トップページ | 災害復興に国民総力で・・・ »

2011年3月24日 (木)

日本を見直す機会

08yokotesigai_yuukei21 東北関東大災害は、単純に「被害と悲劇の大きさ」という点だけではなく、「日本社会の何らかの転換」そのように期待したい。

問題となった石原知事の「天罰」発言についても、本当に悪意でなかったことは間違いない。その真意は「これを機に日本社会が変わる」のではないかと、期待感があったものだと思う。

この災害を契機に変えよう、日本がある意味で戦後から続いてきた古い秩序を見直し新しい日本を再建する機会だ。他にも、転換の契機として捉えている人は他にもいるだろう。

災害を機に巨大な信用供給が行われ、財政出動もそれに続く、社会の風潮の転換の可能性がある。原子力政策への批判、原子力政策への批判、自衛隊への敬意や尊敬とアメリカ軍(日米同盟)への再評価などなどだ・・・

日本人の公共性・・・関心の共有は、飢えや危険の回避といった基礎的な欲求が論点であれば、特に文化の共有を必要としないかもしれない。だが幸福や人間らしさ、公正などの価値が論点であるとき、一定の文化的背景の共有が要求される。

また、私が期待したいのは、「日本人」や「共同性」といった価値で、統合する考えのが登場することだ。だが、危険な理論となりえるかもしれない。

« この町に住んで良かったを目指して | トップページ | 災害復興に国民総力で・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本を見直す機会:

« この町に住んで良かったを目指して | トップページ | 災害復興に国民総力で・・・ »