« 無情の月 | トップページ | 雨の彼岸の中日 »

2011年3月21日 (月)

どうしていたの・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07rose_ame21 どうして生きていられたの?東北関東大震災で、10日ぶりに助けられた80歳のおばあさんと、16歳の孫のテレビのテロップに流れた。

奇跡だ、どうしていきていられたの?と聞くのは止めておいたほうがいい・・・何故なら自分でも分からないだろうから、「勝手に想像してくれ!」と・・・

たぶん、生きるとか、死ぬなんて考えなかった?人間の本能で水や食べ物を探し、眠くなったら眠れたからだろう。水や食べ物がなかったら生きていけない。そんなこと聞かなくても分かるはず・・・。

しかし多くの生き物の中で、人間だけが人は必ず死ぬということを知っている。死を知っているから、深刻な状況でも生きようとしたからだ。深刻に状況になっている時点で、生きるとか、死ぬとかに気持ちを向けるのではなく、ごく自然の成り行きに身を任せたのだろう。

「今生きていられるのは何故?」なんて考えないのと同じで、生きる本能で生きているのと、平常時の人間が生きているのと同じに10日間を過ごしたのだろう。

自分の窮地を確かめるためだけの10日間だったとしても、それ以外の感情の下にあったようには思わなかったのじゃない?・・・

本当に生きることに絶望した人は、人に聞かれる前に死んでしまう・・・

« 無情の月 | トップページ | 雨の彼岸の中日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしていたの・・・:

« 無情の月 | トップページ | 雨の彼岸の中日 »