« 手が攣った | トップページ | アメリカの未臨界核実験のこと »

2010年10月17日 (日)

リーダーとは

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

06oga_toga11 チリの落盤事故の最後の救出者であるルイス・ウルスアさんの「リーダー」的働きが33人の命を救った。と言われている。これからも「リーダーとは」が、大きな話題になることだと思う。

昨日、あるイベントに参加し、イベントの成功の成否は、リーダーの資質が大きく左右されるものだと痛感した。そのことから、「リーダーとは」を改めて考えてみた。
リーダーは人をリードすることだ。人にはそれぞれ夢や希望があり、頭脳や感情を持っている。その人にやる気を起こさせ、その人が普段やらないことも喜んでやらせてしまう。これがリーダーだ。

リーダーの資質=優れた倫理観、技能、説得力、判断力、尊敬を持つこと。尊敬はどうやったら生まれるのか?リーダーにふさわしい責任をとる。

リーダーシップとはつきつめれば責任をとること「リーダーに求められるのは権限を惜しみなく与え、責任は自らがとる。そうすることで、部下はやる気を出し、実力を発揮できるチャンスも増してくる」

東芝再建時の土光敏夫の言葉・・・
「幹部はエラいんだ(エラい=「偉い」ではなく「たいへんだ」という意味)。君たちは3倍働け、重役は5倍働け、僕は10倍働く」(リーダーとして最低とらねばいけないこと。
これは最後の最後の責任だけは自分でとるということです。)

リーダーに必要な物の見方、考え方は・・・
1.  リーダーは目先でものを考えずに、常に5年先、10年先を考える。そうすれば発想が違ってくる。
2. 1元的でなく、多元的に見る。
3.  枝葉でなく、根本で見る。

« 手が攣った | トップページ | アメリカの未臨界核実験のこと »

コメント

Great post! You may want to follow up on this topic :D

Thanks
Tyson

Great writing! I want you to follow up on this topic?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーとは:

« 手が攣った | トップページ | アメリカの未臨界核実験のこと »