« 柿の実が熟れる | トップページ | 台風が日本列島に・・・ »

2010年10月28日 (木)

合点が行かぬ民主党の企業献金

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10kurume_mise_rozi11 民主党が企業・団体献金の受け入れ再開を決めた。国や自治体と、公共事業や物品調達の契約をしていないか、していても1件1億円未満の企業などに限って献金を受け入れ、パーティー券を買ってもらうという。

マニフェスト(政権公約)違反ではないと、民主党はいう。確かにそうかもしれない。 もっと早く実行すべきことが山積しているのに、なぜか、こんな話だけは即座に決まってしまうのだろう?全くご都合主義では・・・

今回の決定は、国や地方自治体が実施する公共事業の受注契約額が1件1億円未満で、特に問題がないと認められる企業・団体からは献金を受け取るというものだ。

岡田幹事長ら執行部は、個人による献金が思うように集まらず、税金である政党交付金にばかり依存するのは好ましくないからだと理由を説明している。

そもそも企業・団体献金の廃止は民主党自らが主張していたように政治と業界や団体との癒着を断ち切るのが最大の目的だったはずだ。

経済界からすれば、カネも出す代わりに口も出す、だから政権との関係を密にすることで税制改正などで有利に話を進めたいという狙いがあるからだ。自民党時代と何ら変わらない「政官業」トライアングルが構築され、不透明な取引が・・・。

菅首相の「クリーンな民主党」は何処に・・・。当然方針を撤回すべきで、出来なければ民主党の国民離れは加速するだろう。

« 柿の実が熟れる | トップページ | 台風が日本列島に・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合点が行かぬ民主党の企業献金:

« 柿の実が熟れる | トップページ | 台風が日本列島に・・・ »