« 夜空眺めて・・・ | トップページ | 一寸先が見えない人生 »

2010年10月 4日 (月)

タバコ値上げで

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07rose_ame21 タバコが値上げされて、1箱300円が400円以上になった。先月値上げに先立ち、大量に買いだめをする人が多かったと言うが・・・。

私は、20歳から60歳まで40年間喫煙していた。60歳に止めるときには、月に1万円以上のタバコ代が掛かっていた。そして家族から、部屋の匂い・火災と、何よりも健康の心配されていた。また、会社でも女子社員にそれこそ煙たかれていたのが感じられるようになった。

そして、橋本内閣のとき、国鉄民営化の清算にタバコの値上げの税収分を当てるということになった。そして60歳の定年を機に、止めたのであるが相当の辛かったことを覚えている。

これを機に禁煙に挑んではどうだろう。財布も助かる。本人の喫煙が原因で肺がんなどの病気で亡くなる人は、1年に13万人以上にのぼるそうだ。因果関係がはっきりしている肺がんと虚血性心疾患だけでも、毎年6800人が亡くなっているという。

私は、ボランティアで、ごみ拾いをしている。そのきっかけは、喫煙時代に、通勤途中の道路・駅のホーム、ドライブ中にポイ捨てを反省の罪滅ぼしで行なっている。

この間、タバコの吸殻を素手で拾っているところを小学生の女の子の見られ「おじさんどうして手でひろっているの?」と聞かれ、「手袋も、拾う箸もないのでひろっているのだよ!」と言ったらびっくりしたようだった。そして「みんなが住む町だからきれいにしているんだよ!そして環境が大事だからね」と言ったら「あーそうか」と言った。

価格を上げされて喫煙者を減り。それによって本人はもちろん、周囲の人の健康と歩行者のポイ捨てがなくなり、環境破壊の防止になればと思うのであるが・・・。これを機に禁煙に挑んではどうだろう。財布も助かるのだ。

肺がんと虚血性心疾患だけでも、5千人を切った交通事故の死者をはるかに上回る、喫煙者が減れば、これらの死者は確実に減る。命を守るうえで禁煙は、最も重要な対策なのであると言えよう。

 

« 夜空眺めて・・・ | トップページ | 一寸先が見えない人生 »

コメント

駅に続く道には吸殻のポイ捨てが散乱しており、汚らしい。
たばこの値上げによって、歩行喫煙者が少しでも減れば道が綺麗になり真に有り難いことである。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タバコ値上げで:

« 夜空眺めて・・・ | トップページ | 一寸先が見えない人生 »