« チリの鉱山事故に思う人の「命」 | トップページ | コンピュータが女流王将に勝利 »

2010年10月14日 (木)

「生死の問題」を常に意識して・・・

Iwao1702c1 チリの鉱山の救出作業は、連日テレビで全世界に放映されている。その視聴率は、大変高いと思われる。まさに69日間劣悪な環境と地下700メートルに閉じ込めれた状況では「死」に対する恐怖は想像に絶するものだったろう。

救出された或る人は、生きていることに絶叫していた光景が印象的であった。「死」の恐怖を長時間晒されていて救出され今、生きていることに喜びを実感したのだ。生きていることが、どれほど素晴らしく感情を爆発したのだ。

私たちは、日常の生活や社会との関わりにおいて、不慮の事故は起きるもの、片時も「生死の問題」から離れてはいけない。生死を受けとめ、生死を思うことが生きる喜び、ほんとうの味わいのある生き方につながる。

日々の生活において「生死の問題」を常に意識していかなければいけない。生きていくことは、このような大惨事に起こり得るからである。人は、常に生死の眼で観る、生死の耳で聞く、生死の心で生きることを心がけていると、自分の生き方を変えよう、変えないといけない。

« チリの鉱山事故に思う人の「命」 | トップページ | コンピュータが女流王将に勝利 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生死の問題」を常に意識して・・・:

« チリの鉱山事故に思う人の「命」 | トップページ | コンピュータが女流王将に勝利 »