« 秋の雨 | トップページ | 2010日本人のノーベル賞の受賞 »

2010年10月 6日 (水)

今自分が存在すること

07bonchi_asayake_kumo11 昨夜(5日)のNHKラジオ深夜便で作家の新井満さんが話されていた。今自分がいるのは二人の両親がいて両親の4人の祖父・祖母がいて、更にその親が8人の親がいて・・・10代遡ると千人の先祖がいる。

そして20代遡ると、百万人の先祖がいる。つまり自分が現在生きていられるのは、その先祖がいたからで、その内の1人でもいなかったら自分はこの世の中に存在しない。だから今生きていられることに感謝し、しっかり後世に繋げる使命があるという。(眠気に負けてぼんやり・・・)

そうかも知れない、奇跡かも知れないが、何かの「使命」をもって生まれてきたのだ。誰でも必要のない人間は生まれないし、無駄な人間はいない。

どんな罪悪人の両親からでも生まれたときは、みんな同じで、生育の過程環境で、人それぞれに違った個性として確立していくものだ。

短い人生であるが輝いて生きていたいものだ。人間いつか死を迎えることになる。最後の最後まで、輝いていきたいと思う。紅葉は高い峰より燃えて徐々に麓に下りてくる。

輝いて、畑にふりそそぎ燃え尽きる。そして鳥になり、宇宙の星になる。死んだ後には何も存在しない。その星の光はすでに消滅している星があるように、光の速さで何十億光年先にいるかも知れない。

« 秋の雨 | トップページ | 2010日本人のノーベル賞の受賞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今自分が存在すること:

« 秋の雨 | トップページ | 2010日本人のノーベル賞の受賞 »