« 「お盆」と「お布施」 | トップページ | パソコン復元できた »

2010年8月14日 (土)

運命は変えられる?

07bonchi_asayake_hi11 今日スーパーで、大きなお腹でお産が近そうな奥さんを見て思った。人間は生まれたときには、みな同じで、平等に母親の胎内からこの世に出現するのである。そして人間社会の仲間入りをする。

「人間は生まれながらにして平等だ」という言葉がある。果たしてそうだろうか。お金持ちの家に生まれてくる子もいれば、そうでない子もいる。五体満足に生まれてくる子ばかりだとは限らない。障害を持って生まれて来る子もいれば、病気を背負って生まれてくる子もいる。

そして、王様の子として生まれてくる子もいれば、明日の生活にも困る困窮した家の子として生まれて来る子もいるだろう。戦争や殺戮の中に生まれてくる子もいる。飢饉のため生まれてきても食べるものがなく、薬もなくて死んでいく子もいる。

つまり人間は生まれ落ちたときから不平等、不公平な環境におかれるわけで、こうした理不尽なところがあるのが人間社会である。人間は生まれ落ちたその瞬間から、食べるものや、着るもの、住むところという経済的、社会的な環境に差がある。

これは世の中がむかしから格差社会であり、不平等、不公平で成り立っているから仕方がない。人間はそうした社会の中で様々な対立や葛藤を繰り広げ、生きていかなければならない。そこには艱難辛苦、愛別離苦、喜怒哀楽など人生のさまざまなドラマがある。

悔しさをバネに生きる人もいる。人の何倍も努力して成功する人もいる。いくら努力しても報われない人もいる。人生を悲観して自らを死に追いやる人もいるだろう。笑いながら生きていく人もいるが、殆んどの人が泣きながら生きていくと思う。

だから、生まれた環境は、選ぶことが出来ない。それが「運命」と言うのか?もし、「運命」というのであれば、私はその人の努力で「運命」は変えられると思う。それは並大抵な努力ではできない。思うとおり出来なくても、変えようとする意思を持つことが大事ではなかろうか・・・?

« 「お盆」と「お布施」 | トップページ | パソコン復元できた »

コメント

もうパソコンの具合は直りましたか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命は変えられる?:

« 「お盆」と「お布施」 | トップページ | パソコン復元できた »