« 待つ事の大事さ | トップページ | 高齢化と家族の絆 »

2010年8月 3日 (火)

与野党の姿、新たな兆し

Shiraito_fujinomiya1 昨日から国会の予算委員会が始まり、テレビで中継が行われた。菅首相にとって、はじめての予算委員会である。私も観ていて思ったのは、自民党の谷垣党首、石破政調会長の“大人”の発言であったことが印象的であった。

そのことが今朝の朝日新聞社説に書かれていた「衆院予算委―与野党の姿、新たな兆し」いつまでも相手党のなじり合いでは、国民の政治離れは抑えることはできない。そればかりではない。今日本はお尻に火がついた状態である。こんなことでは国民も堪ったものではない。ねじれ国会での、与野党の役割を再考させられる論戦だった。

読売新聞社説は、「首相は消費税から逃げるな」日本の危機的財政問題を改善することが大事で、菅首相の発言の消費税10㌫発言は、国会内で議論すべきだ。

毎日新聞社説は、「首相初の予算委 「谷垣質問」にどう応える」の見出しで、厳しい追及が影を潜めた提案型の姿勢に、足元の自民党内から批判や不満が出るのではないか。そんな心配をしてしまうような谷垣禎一・同党総裁の質問だった。

日本経済新聞社説は、「消費税増税への手順踏み理解を得よ」の見出しで、自民党の谷垣総裁は深刻な財政赤字に重点をおいて論戦を挑んだが菅首相は、消費税増税の具体的道筋への言及を避けて与野党の危機感を改革につなげる指導力は不可欠である。

産経新聞主張では、「菅首相 腰引けて日本を担えるか」の見出で、菅直人首相は、日本をどうするのかを明確に語ってもらいたかったが、参院選で大敗した釈明の範囲にとどまっている印象が否めない。

内政外交の懸案解決に腰が引けているようにみえる。それでどうして日本丸を担えるのか。とりわけ問題なのは、消費税増税について、平成22年度中に改革案をとりまとめるとの方針を自ら撤回しようとしていることだ。今後の消費税への対応については、民主党内での議論が必要なことや、低所得者対策など多くの課題があることを挙げ、「いつまでにと期限を切ることは改めたい」と述べた。

民主党内でも、菅首相に対する参議院選の敗北は総辞職という厳しい批判がある。民主党内の意見を集約できぬ菅政権は、どこに行くのか国民は理解できない。日本が、今必要なことは、強力なリーダーシップだ。その旗を高く掲げ、国民にアピールすることだ。そして主張がぶれないで、この難局を党派超えて話し合い日本の明るい未来に、新たな兆しに期待したい。

« 待つ事の大事さ | トップページ | 高齢化と家族の絆 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与野党の姿、新たな兆し:

« 待つ事の大事さ | トップページ | 高齢化と家族の絆 »