« パソコンの調子が悪い | トップページ | 優しさって何だろう »

2010年8月13日 (金)

今日は何の日・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07akitakoma_sumire11 8月13日といえば、母親の立ち日である。昭和24年の夏、よく晴れた暑い日であった。小学校6年生だった私は、何時ものように湯殿川で、友達と泳いでいた。直ぐ上の兄が帰って来るように呼びにきた。

何だか分からず泳ぎを止めて駆け足で家に来たら、母親が皆に囲まれていて、異様な雰囲気であった。確か、白衣を着た医者と、従兄弟の看護婦だった「フクチャン」が輪の中の中心で、臨終を確かめていた。

私にとって、インパクトある出来事であった。そして後々、人生を大きく位置づける出来事だった。しかし、その時は、意外と悲しいとか、寂しいという印象はなかった。だんだんと年を重ねて、学校の遠足・運動会などの行事に、何時も母親の弁当が、父親の手作りであったので、友達の弁当と比較してししまい、母親のいない辛さを感じていたと後々思うようになった。

そして、25年(昭和60年)前の(実際は12日18時56分)日本航空123便墜落事故である。死者520人という衝撃的事故である。昨日は、前原国土交通相は12日、担当大臣として初めて墜落現場である群馬県上野村の御巣鷹の尾根を訪れた。犠牲者の冥福を祈り「520人の死を無駄にしないよう、安全な運輸交通行政に取り組みたい」と語ったという。

母親の死、日航墜落事故は、私にとって人生観も変わってしまったように感じられる。人間生きていく流れの中で堰があって、その堰によって流れが変わる。その流れは人それぞれであり、その流れでその後の人生観も違ってくる。

幾つもある人生の堰を上手にクリアーすることで、悩み、苦しみ、惑わいと、何か悟ったかに思うが、まだまだ、生きていく過程には堰は、幾つあるか分からないが・・・

« パソコンの調子が悪い | トップページ | 優しさって何だろう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は何の日・・・:

« パソコンの調子が悪い | トップページ | 優しさって何だろう »