« 大阪2児遺棄のこと | トップページ | これでは日本の行き末が・・・ »

2010年8月 5日 (木)

国債がバブルに?

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07akitakoma_sumire11 日本の長期金利が約7年ぶりに1%を切った。長期金利は10年物国債の利回りで、市場で国債買いが進むと債券価格が上昇し、利回りは下がる。1%割れは、国債の大量保有者である金融機関の間で、依然として国債の購入率が高い。

金余りが原因だが、金融機関は資金を「とりあえず安全そうだから」とこぞって国債に投じている。米欧の景気見通しが悪化し、世界的に国債買いが活発化したことも、購入に拍車をかけたのだろう。

この現象は、ギリシャのようになる?と財政悪化するとおもった人でも、国債は暴落するどころか大人気じゃないか?と増税や歳出削減に反対する人たちは言われそうだ。

財政がこれほど悪化したにもかかわらず、金利上昇という市場の警報装置が作動しないのは、日本国債の殆んどが国内で買われているからだ。リスクに敏感な投資家が日本国債を手放し資金を海外に引き揚げる、といった心配がないため、みんなで安心している。

だぶついたお金の行き先として、先進国通貨のなかで相対的な安定感がある「円」であり、国内の投資家層に支えられて投げ売りのリスクも小さいとみられる日本の国債というわけだ。

景気過熱などで物価が上がるインフレの機運が高ると、人々はモノやサービスを買おうとしてお金を使うようになり、金利が上がる。逆にデフレになりそうだと貯金に走ると、これが銀行を通じ国債購入に回って金利が下がる。長期金利の低下は世の中のデフレ懸念のバロメーターでもある。 今後の動き(流れ)でバブルの恐れに・・・。

 

« 大阪2児遺棄のこと | トップページ | これでは日本の行き末が・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国債がバブルに?:

« 大阪2児遺棄のこと | トップページ | これでは日本の行き末が・・・ »