« これでは日本の行き末が・・・ | トップページ | つまづいたおかげで »

2010年8月 6日 (金)

ぼたもち・夜船・おはぎ・北窓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

287_field111 「ぼた餅」というと、お袋が、よく作ってくれたものだ。春と秋のお彼岸には決まって作ってくれた。春の「ぼたもち」、秋は「おはぎ」と言っていた。しかし、夏に作ることはなかったが、コラムニストの天野祐吉さんがいっていたが夏は、「夜船」と、冬は「北窓」というそうだ。

春と秋の彼岸には昔はどこの家でも、お餅をついたものだが、夏と冬はあまりお餅はつかない。で、隣り近所にめいわくにならないように、トントンつくのではなく、静かにこねてお餅を作ったらしいという。

いつお餅をついたんだかわからない。いつ着いたんだかわからない。夜の船はいつ着いたんだかわからない、ということであるらしい。

北の窓も同じだ。北の窓からは月が見えない。つきが見えない。餅つきが見えない、ってわけ。こんなことを考え出すなんて、ほんと、昔は閑人が多かったんだなぁー

昨夜NHKラジオ深夜便こんな事をいっていた。「ー小林一茶だが、昔は閑人のが多かったのだ」天野さんの好きな句だという・・・

  閑人や 蚊が出た出たと 触れ歩く

だが、四つの名前の由来よりも重要なのは、なんのためにひとつの物に四つも名前をつけたかということだ。それはたぶん、ぼくらはものを食べるときに、物だけをたべているのではなく、物と一緒に気分をたべている、ということだろうと思う。

まったく同じ物でも、「ぼたもち」を食べるのと「夜船」をたべるのでは気分が違う。その気分の違いを、ぼくらのご先祖さんは愉しんでいたんじゃないかと思うんだよね。と・・・天野さん・・・

今年ももう直ぐ日本列島「お盆」である。企業の盆休みで道路が渋滞しそうだ。故郷に帰って家族の久しぶりの顔合わせ、旧友に合うのもよし、夏の高校野球も郷土の高校の応援もよし、心身のリフレッシュは、生まれ育った地が一番だ。ぼたもちの「夜船」は、今時は、作ってもらえないだろうが・・・  そして昔のような閑人はいないかも・・・

« これでは日本の行き末が・・・ | トップページ | つまづいたおかげで »

コメント

昨日。
秋彼岸でもありますし、みんなで「おはぎを作ろう」と新米ママさんから達人ママ(二十代〜七十代)まで大人30人+可愛いお客さま15人でワイワイとおはぎを作りました。
で、「おはぎ」と「ぼた餅」の違い等調べておりましたら若いお母さんが「パソコンで調べたら夏は『夜船』、冬は『北窓』と言い、それから餅をつくのを知らぬ間に…という意味で『つき知らず』或いは、船が着くのがわからないので『着き知らず』や月が昇るのを知らないから『月知らず』ともいうそうです」と発表なさいました。
私も、調べてみたらこちらに行き着きました。
今日は、十五夜ですが、生憎のお天気になりそうです。秋彼岸の仲秋の名月に『月知らず』を頂きます。
寄せて頂きありがとうございました。(長くてすみません)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼたもち・夜船・おはぎ・北窓:

« これでは日本の行き末が・・・ | トップページ | つまづいたおかげで »