« サイエンスドームに行く | トップページ | パソコンの調子が悪い »

2010年8月 9日 (月)

心の傷

05sikotuko31 私たちは知らず知らずのうちに、心に様々な傷を受けてきている。例えば、子供の時、自分の父親から受けとめられた経験がない、いつも非難されるばかりで、これでいいんだという安心感を持ったことがない。

その結果その人はいつでも自分が非難されているように感じてしまい、大人になっても、何かがあると過剰に反応して、怒ってしまったり、また、ひどく落ち込んでしまったりするようになる。それが、どうして自分がそんな風になるのかも自分でもわからない。

しかし実はそれは、心の奥底にできた傷がそのままになっているためである。私達は、辛かったそのことを思い出したくないために心の底に、おし隠しているが、決して忘れてしまったわけではない、そのことが無意識のうちに私達の生活に様々な問題をひきおこしている。では、私達はどんな時になるのかといえば・・・

1.自分の期待・信頼を裏切られた時。

2.親からの過剰な期待を受けて、背伸びさせられてきた時。

3.長期間、非常に大きな不安や恐れの中にあった時。

4.自分が受入れられない時。

5.自分が不要な人間であると言われてきた時。

6.ありのままの自分を、ダメだと言われ続けてきた時。

7.親におまえのせいで不幸になったと言われた時。

こう書き出してみると“なるほど”と頷ける。心の傷は、なかなか癒えない。一生取れず、棺箱まで持ち込んでしまうこともあるようだ。心の傷を癒す方法は、私たちに必要なのは、まず第一に自分の傷、それに直面する勇気とそれを認める謙虚さである。

« サイエンスドームに行く | トップページ | パソコンの調子が悪い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の傷:

« サイエンスドームに行く | トップページ | パソコンの調子が悪い »