« 人生は帰ることのない旅 | トップページ | 夏の思い出 »

2010年8月25日 (水)

円高が止まらない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07akitakoma 経済のことは、よく分からないけど、円高進んでとうとう1ドル83円台になったという(15年ぶり)、95年に79円台に迫ろうとしている。果たして日本の経済はこれだけの実力あるだろうか?海外旅行が行きやすくなったというが、私たち年金暮らしでは関係ない・・・。

24日の東京市場で再び1ドル=84円台となり、日経平均株価が、9000円を下回った。前日、菅首相と日銀の白川方明総裁と15分の電話協議をしたが、具体的な「対策」を打ち出さなかったために、一段と円高・株安が進んだのだという。

アメリカ・欧州諸国の不況で、日本が以前経験した、銀行破綻危機で公的資金を投入した時代があったと同じパターンという人もいる。決して日本の景気が良くなり、経済は安定したとは言いがたい。

円高で、輸出企業が打撃をこうむり、そのため株安で、「大変だ、何とかしろ」コールがまた強まってきた。これまで何度となくとられてきた「円高・株安対策」が何をもたらしたかを考えれば明らかだ。後に残ったのは借金の山である。

貿易に占める通貨の比重や物価の影響を勘案した総合的な為替レートをみると、今の円相場は過去20年間の平均よりまだ低い(円安)という。95年の1ドル=79円に匹敵する円高は、今のレートなら1ドル=約58円といった試算もある。(毎日新聞社説)

活路を求めて、製造業は世界各地で現地生産を増やし、為替相場の変動に備え、一定の手だてもとっている。円の価値が上がることは、外国の企業や資産が割安価格で買えることを意味する。円高は、一層拍車をかけそうだ。

すべての企業にとって円安=善ではない。円高を武器に変えて、攻めの経営をしようとしている企業もある。金融緩和・為替介入・補助金支給などの対症療法では、問題は解決するとは思えない、規制緩和や社会保障制度改革など早急に解決しなければならないと思う。

しかし、与党である民主党は主導権争いに終始しているようでは、日本の未来は暗雲は取り除けないだろう。

« 人生は帰ることのない旅 | トップページ | 夏の思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円高が止まらない:

« 人生は帰ることのない旅 | トップページ | 夏の思い出 »