« 新首相に期待するもの | トップページ | もう直ぐ梅雨 »

2010年6月 7日 (月)

花の命は短くて・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Img_0103 昨日も草取り作業した。

毎年続けてもう7年?我が町八王子市片倉町国道16号住吉橋から、上流の河川管理通路に近所の有志でコスモスを植えている。距離は230メートルぐらいである。幅70cmである。

最初に草の根を取り除いて、種を蒔いて育て、10月末に咲かせた。そして翌年の4月にこぼれた種が自然発芽する。従って毎年種を蒔かないでも、自然に生えてくるのである。

しかし、雑草取りが、大変である。2月ごろに、耕すのだが石交じりで、普通の鍬では出来ないので、ツルハシで耕すのだ。それでもかなり大変である。

4月に雑草と一緒にコスモスが芽生えてくるので、雑草とりの作業だ。そして、5月初旬にまた雑草取り、昨日(6月6日)から雑草取りと間引きを行なう。2・3日かかるだろう。

雑草の中で、特に「ノゲヌイムギ」(芒犬麦)なのか?普段から良く見かける雑草。図鑑を見てて判断したが、イネ科の植物だ。この草は、雑草の中で生命力が、特に強く根から取り除かないと直ぐ生えてくる。南アメリカの現生地というから、そういえば昔はなかった草だ。

そしてこれから10月に咲き出すまで雑草との格闘でである。1.5メートルぐらいになって咲き見ごろになって10日ぐらいが最もきれいにである。それを過ぎると倒れてしまい紐で結わえたり、人が通るに邪魔になるので、支えをしなければならない。そして11月枯れて始末をするのであるが、これが大変は作業でである。軽トラック運び始末をする。

わずか10日~20日の間の楽しみで、8ヶ月ぐらいいや、1年中コスモスを咲かす事を考えていないといけない。寒い2月の耕し作業・暑い6月~9月の草取り、片付け作業であるが、長く続けられるのは、「町の通行人が心が和んで一日を明るく過ごせる」のではないかと思いである。そして、雑草を取ることでゴミも少なくなる。

しかし、近所の方が超高齢化となり、今年は二人だけでとなり一段と時間が掛かってしまいそうだ。後継者いないのが寂しい。いつまで続けられるか・・・

« 新首相に期待するもの | トップページ | もう直ぐ梅雨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の命は短くて・・・:

« 新首相に期待するもの | トップページ | もう直ぐ梅雨 »