« 自然の中で幸福感を | トップページ | 感性の時代(心の豊かさを求める時代) »

2010年1月 4日 (月)

孫達の来て良し帰って良しお正月

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

06oga_toga11純粋・無垢な、孫は可愛いものである。立川市の長男夫婦家族と、車で2時間位のところの長女夫婦家族(東京江戸川区)では、そうそう顔を見ることが出来ない。一年に4・5回である。

私たち夫婦暮らしで、静かに暮らしているので、二家族で10人となるので、食事などの用意などの事前準備から、遊びの相手・相談などで、疲れてしまったようだ。風呂に入るのも順番で大騒ぎとなる賑やかさは、私たち老夫婦にとっては限界がある。

今年も例年の通り、子供夫婦と孫達が2日に来て一泊して昨日帰った。帰ってほっとしたのが、いつわざる本音である。

妻曰く、「孫は可愛いが気を使い、お金を使い、身体を使い」孫の顔を見たく、憎くはないが「孫達の来て良し帰って良しお正月」と言ってため息?をはいた。帰省客のUターンラッシュに巻き込まれが心配で、予定より一日早めに昨夜9時に帰った。ほっとした。

これで私たちの夫婦の生活に戻り、お正月をのんびり過ごし、生活のリズムを取り戻したい。

« 自然の中で幸福感を | トップページ | 感性の時代(心の豊かさを求める時代) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫達の来て良し帰って良しお正月:

« 自然の中で幸福感を | トップページ | 感性の時代(心の豊かさを求める時代) »