« 前哨戦の都議選の行方が注目 | トップページ | 中国新疆ウイグル自冶区の暴動 »

2009年7月 8日 (水)

流れる雲間に満月

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ人気ブログランキングへ

今日の名言

理想はわれわれ自身の中にある。そして理想の達成を阻む障害もまた、われわれ自身の

中にある。
                                            カーライル

60mangetsu1_2朝焼けの溲瓶うつくし持ち去らる 結城昌治

夕焼けに対して朝焼け、いずれも夏の季語。何といっても「朝焼け」と「溲瓶」の取り合わせが尋常ではない。思わず息を_むほどの、とんでもない取り合わせではないか。空っぽの溲瓶ではあるまい。朝焼けをバックにしたガラス瓶のなかの排泄したての尿は、先入観なしに見つめれば、決して汚いものではない。

尿の色を「美し」ではなく「うつくし」とソフトに視覚的に受け止めた感性には恐れ入る。「うつくし」いそのものが、さっさと持ち去られたことに対する呆気なさ、口惜しさ――と言ってしまっては大袈裟だろうか。病人が快方に向かいつつある、ある朝の病室のスケッチ。

ここで私は、昔のある実景を不意に思い出した。学生時代に、怪我で入院していた同年齢のいとこを見舞ったときのことである。彼はベッドで溲瓶を使い、たっぷり入った尿の表面の泡を「ほら、ほら」と大まじめに口で吹いてみせたから、二人で顔を見合わせて大笑いした。大ジョッキのビールもかくや! 二十二歳の昌治が師事していた病友・石田波郷が主宰する

句会での作。二人の病室は隣り合っていた。波郷にも「秋の暮溲罎泉のこゑをなすという別のときの句がある。こちらは音。私なら昌治の「溲瓶」に点を入れる。まあ、いずれも健康な人には思いもよらない句である。昌治には二冊の句集『歳月』『余色』がある。『俳句は下手でかまわない』という、うれしくもありがたい著作があり、「初蝶や死者運ばれし道をきてという病中吟もある。江國滋『俳句とあそぶ法』(1984)所載。(八木忠栄)

満月や 梅雨の晴れ間に 顔を出す

昨夜は満月だった。昼間は蒸し暑く、シャワーを浴び、シャツは2回取り替えた。このところ西日本では大雨が続き、特に九州北部・紀伊半島南部などが多いと言う。和歌山県では川が増水し、男の人が、田んぼを見回り中誤って川に落ちて、亡くなったとニュースが流れた。

しかし東京地方は、雨はさほど多くない。しかし、蒸し暑さは、尋常ではない。梅雨の蒸し暑さは仕方がないか、一時間買い物して歩いた。風がなく、雲の晴れ間に出る日差しは、強烈である。今年は、日焼けが酷い。首筋が真っ黒だと女房は言う。

それでも、夕方は風がでて、涼しく気持ちがいい。特に8時半、防犯パトロールで町内を歩いていると、気持ちが良かった。東の空を見たら、黒雲が風で流れていて、雲間に満月が見え隠れしていた。

半夏生・・・梅雨の後期に入る一つの目安と考えられ、田植えの終了を示す日としての役割があった。昔はどんなに遅くとも半夏生の日までには田植えを終え、それ以降には田植えは行わなかったという。

半夏生(はんげしょう)=七十二候の一つで、二十四節気の夏至の末候。現在の暦でいえば7/1か7/2頃にあたるそうだ。

  

« 前哨戦の都議選の行方が注目 | トップページ | 中国新疆ウイグル自冶区の暴動 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流れる雲間に満月:

« 前哨戦の都議選の行方が注目 | トップページ | 中国新疆ウイグル自冶区の暴動 »