« 自らがしてきた政治によほど自信がない? | トップページ | 最低賃金改定はしっかり見直し »

2009年7月18日 (土)

湘南の夏の海

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ人気ブログランキングへ

今日の名言

不思議なものは数あるうちに、人間以上の不思議はない。
ソポクレース『アンティゴネー』

199912070922111踏切を渡れば一気夏の海 大輪靖宏

なんだか無性に懐かしい光景。水平線と入道雲を見ながら海へ向かう道、できれば少し上り坂がいい。単線の踏切にたどり着くと、目の前に真夏の海がひらける。線路がスタートラインであるかのように海に向かって走った夏。

一気、の一語の勢いに、目の前の海から遙かな記憶の海へ、思いが広がってゆく。長く大学で教鞭をとっておられた作者だが、この句集『夏の楽しみ』(2007)のあとがきには「私は昔から夏が好きだったのだ。なにしろ、夏休みであるから働かなくていいのである」。

そういえば、第一句集『書斎の四次元ポケット』(2002)にトランクをぱたんと閉めて夏終るの句があり、いたく共感した覚えがある。楽しい時間は、すぐ終わってしまう。八月になると、あっという間に過ぎる夏休み。今年は暦の関係で、17日に終業式の学校も多かっただろう。子供達も今が一番幸せな時だ。(今井肖子)

海水浴 江ノ電から見えて 頬に風

梅雨があけ、いよいよ子供たちも夏休みである。湘南の海は海水浴客で賑わうことだろう。鎌倉や逗子に良く出かける。国道134号を西に向かって江ノ島方面へ走ると七里ガ浜あたりは江ノ電が走っている。

白い砂浜が江ノ島桟橋まで続く海水浴場である。夏休みになると広い砂浜が海水浴客で埋め尽くされる。ピーチパラソル・海の家などが色とりどりに広がる。

江ノ島といえば、小学校3年生の遠足で行ったことがある。江ノ島には木製の桟橋だった。それまで海は見たことがなく驚いてしまった。

童謡「海は広いな大きいな」をみんなで歌った。

♪海は 広いな / 大きいな / 月が のぼるし / 日が しずむ

海は おおなみ / 青いなみ / ゆれて どこまで / つづくやら
海に おふねを / うかばせて / 行ってみたいな / よそのくに ♪
 
懐かしいなぁー 60年前の事だ。

« 自らがしてきた政治によほど自信がない? | トップページ | 最低賃金改定はしっかり見直し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の夏の海:

« 自らがしてきた政治によほど自信がない? | トップページ | 最低賃金改定はしっかり見直し »