« 大連立と政界再編 | トップページ | ごたごた劇は見たくない »

2009年7月15日 (水)

野菜を売るお婆さん

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ人気ブログランキングへ

今日の名言

恩愛は義務の鎖でつながれているので、邪(よこしま)な存在である人間は、自分の利害に反すればいつでも、これを断ち切ってしまう。

マキアヴェッリ『君主論』

05ainokura11炎天や裏町通る薬売 寺田寅彦

俳句に限らない、「炎天」という文字を目にしただけでも、暑さが苦手な人はたちまち顔を歪めてしまうだろう。梅雨が明けてからの本格的な夏の、あのカンカン照りはたまったものではない。商売とはいえ暑さに負けじと行商してあるく薬売りも、さすがに炎天では、自然に足が日当りの少ない裏町のほうへ向いてしまう。

そこには涼しい風が、日陰をぬって多少なりとも走っているかもしれないが、商売に適した道筋ではあるまい。炎天下では商売も二の次ぎにならざるを得ないか。寅彦らしい着眼である。行商してあるく薬売りは、江戸の中期から始まったと言われている。

私などが子どものころに経験したのは、家庭に薬箱ごと預けておいて年に一回か二回やってくる富山の薬売りだった。子どもには薬よりも、おみやげにくれる紙風船のほうが楽しみだった。

温暖化によって炎天は激化しているが、「裏町」も「薬売」も大きく様変わりしているご時世である。炎天と言えば橋本多佳子の句炎天の梯子昏きにかつぎ入るも忘れがたい。『俳句と地球物理学』(1997)所収。(八木忠栄)

トマト持つ 婆さんの手 八百屋かな

関東地方は連日暑い、昨日(14日)、梅雨が明けた。梅雨明け10日は特に暑いと言われるが急に真夏日が続くと、体調を崩してしまう。私は扇風機にあたり過ぎて喉が痛い。

歩いて20分のところに今でも野菜農家を営んでいる家がある。いわゆる近郊農家である。野菜市場に卸しているのである。しかしあととりの息子はサラリーマンとなって野菜作りは、老夫婦と90歳を超えるおばあさんの3人である。

そのお婆さんは、腰は曲がってしまったが、元気である。市場に出した残りを店先で売るのであるが、結構売れるらしい。何より新鮮である。仕事一筋に働いた“手”は頑丈なロボットのような節々でやさしくトマト持っている。

野菜を売るときはスッカリ八百屋さんになっている。笑顔でちょっとした会話が楽しい。

« 大連立と政界再編 | トップページ | ごたごた劇は見たくない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜を売るお婆さん:

« 大連立と政界再編 | トップページ | ごたごた劇は見たくない »