« オバマ大統領イスラム世界に訴え | トップページ | 今日の名言 »

2009年6月 5日 (金)

常識は切磋琢磨して・・・

06_12801 社会で生きてゆく以上、常識やマナーをもって、人に接することが当然とことと言われているのが、それこそ常識とされているが、厄介なことに、この常識の概念というものの基準が、老若男女、世代、国、立場、習慣、置かれている環境によって、それぞれ全然違う。

常識の認識の差で、相手の人格に傷を付けてしまうことになってしまう。なかなか難しい問題である。

「マナーの問題」で考えると、 ほんの目の前にも自分の普段接するものと違う社会が存在してしまうことがある。したがって、まずは自分が存在する社会(世界)で考えていくことが基本とする。

自分の生活する社会の中では、その世界に必要な最低限のマナーは当然身につけておかなければ相手と交流を深めることはできないので、マナー習得は必須条件である。そのうえで常識を身につける必要である

その常識もそれぞれの社会によって異なるので、細部に至るまでのもので万能な「常識」というものは存在しない。それぞれの世界で常識が存在すると解釈すべきだ。しかも常識は時間軸で変化していくので、常識自体をマニュアル化して簡単に身につけることはできない。
常に自分と自分を取り巻く社会の中で切磋琢磨して身につけていくものだと思う。

また大事なことは「常識」を考える前には豊富な知識を身につけることと、それによって考えられる言動が、他人から賞賛に値するかどうかを見極めながら「良識」というものを自分で創造していくつもりがないと、常識は身につけられない。

一口に言うと「切磋琢磨し知識を身に付けて経験を積むこと」だ。

« オバマ大統領イスラム世界に訴え | トップページ | 今日の名言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常識は切磋琢磨して・・・:

« オバマ大統領イスラム世界に訴え | トップページ | 今日の名言 »