« 天の声は他にも・・・ | トップページ | 夏の朝の風景 »

2009年6月20日 (土)

9割が認識 暮らし向き悪化、老後心配

3612_2 近頃、歩く速度が遅くなった・目が悪くなった・つまづき・物忘れ・などの症状?が現れて・・・年を取ったなあーと実感する毎日である。これから先如何に年を重ねていけばいいのか、そして、健康・家族・お金=いわゆる“3K”で、健康が保障されないで不安である。

如何に上手に年をとり、死んでいけるかを考えるのだが、結論は出ないで悩んでいる。

「9割が認識 暮らし向き悪化、老後心配」( 国民生活調査)
「不況で経済的には苦しくなったが、生活は満たされている。でも老後は不安だ」


FujiSankeiBusiness i・・・内閣府が19日まとめた2008年度の「国民生活選好度調査」でこんな国民感情が明らかになった。暮らし向きが悪くなったと感じる人が9割近くに達する一方で、生活全般に満足している人は半数以上に上り、景気が悪化する中でも“ささやかな幸せ”を感じる庶民の健気な姿が浮かび上がった形だ。

調査によると、「暮らしが良い方向に向かっているか」との質問に対し、良い方向と感じている人の割合は10.3%と3年前の前回調査から半減し、1978年の調査開始以来最低を記録。バブル期の90年(45.7%)からの減少傾向に拍車がかかった。また、悪い方向と感じている人の割合は89.5%に上り、不況が国民の暮らしを直撃している現状が浮き彫りとなった。

一方「生活全般に満足しているか」を聞いたところ、満足している人の割合が55.9%に上り3年前から16.5ポイント上昇。「子供のいる既婚者や一戸建ての持ち家を持っている人が貢献した」(内閣府)という。これを裏付けたのが、日常生活で満たされていることは何かを聞いた「充足度」の調査。60項目中で最も充足度が高かったのが「親子の間の対話があり、互いに相手を信頼していること」だった。

老後の生活については、見通しが明るいと考える人が年々減少。明るいと答えた人は過去最低の11.8%にとどまり、暗い見通しを持つ人が87.9%に上った。不況で収入が減少する中で世帯あたりの貯蓄も減っており、将来の年金受給への不安が増しているようだ。

調査は1月から2月にかけて実施。全国の15歳以上75歳未満の男女約4500人の回答を集計した。

« 天の声は他にも・・・ | トップページ | 夏の朝の風景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9割が認識 暮らし向き悪化、老後心配:

« 天の声は他にも・・・ | トップページ | 夏の朝の風景 »