« 蛍の郷愁 | トップページ | 北朝鮮核実験の国連決議 »

2009年6月11日 (木)

私の人生を返してもらいたい

06oga_toga11毎日新聞web・・・【最高検謝罪に菅家さん、許さない】

足利事件を巡って最高検の伊藤鉄男次長検事が謝罪したことについて、釈放された菅家(すがや)利和さん(62)は10日の会見で「警察、検察は私の目の前でちゃんと謝罪することです。裁判官も同じです。絶対に許さない」と語った。

菅家さんの弁護団は10日夜に会議を行い、菅家さんも同席。会議後、菅家さんは弁護団とともに東京・霞が関の弁護士会館で会見した。

佐藤博史弁護士は「本当の謝罪なら、なぜ誤ったかを明らかにすることが大切だ」と語った。また、東京高裁での再審請求の即時抗告審では、捜査段階でDNA鑑定を実施した警察庁科学警察研究所の技師に対する証人尋問を求めていく方針を明示。「弁護側が求める証拠調べ請求にすべて同意していただきたい。早期の再審開始は許さない」と話した。

菅家さんは、獄中に17年余り。「間違えたでは絶対にすむことではない。刑事、検事たちは絶対許せない気持ちで過ごしてきた。1審の宇都宮地裁は当時のDNA鑑定のことはまったく分かっていないのにどうして有罪にしたのか分かりません」と捜査・裁判の双方に疑問を投げかけたうえで、「自分の人生を返してもらいたい」と語ったという。

人が人を裁くのだから、間違いは仕方がない?では済まされない。担当した検事は今どんな気持ちでいるだろうか?検事の取調べは、証拠のDNAの認定や取り調べで反省しているだろうか?菅家さんに対する対応の仕方に適切だったのだろうか?

国民は、警察といえば「オイ・コラ」で恐ろしい所で一旦疑いを掛けられると逃れることの出来ない所と認識されてしまう。拷問に近い攻めで、事件を決着させてしまい、処理能力で昇進すると言う思いがあったのだろう。

犯人に仕立てあげてしまった決定的証拠が「DNA」の取り扱いが不備であるならば、それを見直す勇気が担当の誰かいなかったのか、それが残念でたまらない。

« 蛍の郷愁 | トップページ | 北朝鮮核実験の国連決議 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の人生を返してもらいたい:

« 蛍の郷愁 | トップページ | 北朝鮮核実験の国連決議 »