« 対北制裁決議 | トップページ | 黒南風の山越え »

2009年6月12日 (金)

信念を貫き通す

15401閣僚に、「直球しか投げられない」人がいる。「信念を貫き通す」「私に謝っても仕方がない国民に謝って理解してもえるなら」と言う。「男なら最後まで信念を曲げない」。

国民の感覚では、西川社長のかんぽの宿の処分は納得が行かない。国民の財産を社長個人の判断処分した。途方もなく、国民感覚と大きくかけ離れたもので絶対に許せない。

私は国民の一人として鳩山総務大臣の考えに賛同する一人である。「頑張れ、鳩山邦夫」で、エールを送りたい。

NHKweb記事・・・日本郵政の社長人事をめぐって、鳩山総務大臣は、西川社長の続投を認めないとしているみずからの信念を貫きたいとして、麻生総理大臣に辞表を提出し、受理されました。これを受けて麻生総理大臣は、総務大臣の後任に佐藤国家公安委員長を兼務させることにしています。

日本郵政の社長人事は、日本郵政の「指名委員会」が今月末の株主総会で、西川社長の続投を提案することにしていますが、鳩山総務大臣は「かんぽの宿」の売却をめぐる対応などを理由に続投を認めない方針を変えないため決着がついておらず、調整が続いていました。

こうしたなか、麻生総理大臣は12日午前に続いて午後2時から、総理大臣官邸で鳩山総務大臣と会談しました。この中で鳩山大臣はこの問題でみずからの信念を貫きたいとして、麻生総理大臣に辞表を提出し、受理されました。

このあと鳩山総務大臣は記者団に対し「辞表を提出してきた。その場でサインした。世の中、正しいことが通らないことがあるんだなど今はそういう思いだ。今の政治は正しいことを言っても認められないことがある。正しいことが通用しないと思ったら、潔く去るのがよいのではないか。

麻生総理大臣は辞表を受理した際に『悲しいな』と言っていた」と述べました。また鳩山大臣は記者団が「自民党に残るのか」と質問したのに対し、「仲間と相談して決めたい」と述べました。鳩山大臣の辞任を受けて麻生総理大臣は、後任に佐藤国家公安委員長を兼務させることにしています。

« 対北制裁決議 | トップページ | 黒南風の山越え »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信念を貫き通す:

« 対北制裁決議 | トップページ | 黒南風の山越え »