« 透明なさつき空 | トップページ | 朴の木と柏餅 »

2009年5月13日 (水)

代表の辞任のことで・・・

07akitakoma とうとうと言うか、やっとと言うか、小沢一郎民主党代表辞任を表明した。確かに政治家の経歴は波乱万丈であったが、信念は日本の政治は二大政党を構成させることにあったようだ。

辞任の決断は、やはり西松建設の、不正取引の嫌疑が係わったて、国民の批判をかわすことが出来なかったことで、政権奪取することに不利であると自ら判断したものと思う。

麻生太郎首相のぶら下がり会見では、辞める理由が、どうもよく分からない。もっと説明責任があるだろう。とのことだった。

国会解散の国民総合唱の中で、何時解散なのか喧々諤々マスコミ・世論であった時期の秘書逮捕であっただけに、裏に何かあったのは、嫌疑が晴れない検察当局である。

私の家の前にマスコミの記者がいなくなった。自民党の二階俊博大臣の公設第一秘書の家があるから、スクープを狙っての取材合戦が2ヶ月も続いた。どうも逃げ切った?

確かに小沢民主党代表の秘書が逮捕されたが、二階俊博大臣のパーテイ券835万円、他にも自民党実力者の名前も取り立たされていたが、この方は雲散霧消となってしまったのは、片手落ちで仕方がない。

国民は、「政治と金」の歴史は忘れない。検察当局の説明責任はあるだろう。まだこれで一件落着とはいかない。二階大臣を初め自民党有力者の結末も忘れはしない。

« 透明なさつき空 | トップページ | 朴の木と柏餅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表の辞任のことで・・・:

« 透明なさつき空 | トップページ | 朴の木と柏餅 »