« 取材合戦の激しさを実感 | トップページ | 春の嵐 »

2009年3月14日 (土)

猫の今昔

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

今日の名言

女の子は、結婚がなによりもお好きだが、たまにちょっと失恋するのも、わるくないと見えるね。
オースティン『高慢と偏見』(上)

08yokotesigai_yuukei21猫の恋太古のまゝの月夜かな 宇野 靖

ここ一、二年、一階に住む妹の家に毎日猫がやってくるようになった。野良もいれば、首輪をした飼い猫もいて、ふらりとやって来ては、餌を食べていなくなる。幸い「野良猫に餌をやっては困ります」という話がご近所から出ることもなく、猫の方もこの界隈を渡り歩いてゆるゆる過ごしているようだ。

でも、そのわりには特にここ数年、春になっても夜は静かな気がする、恋してるのか、猫。ともあれ、月を仰ぐ時、海を見る時、山頂からさらに遙かな山々を見渡す時、太古の昔から変わらない風景なのだという感慨と共に、自らのヒトとしての本能を呼びさまされるような気がする。

作者も、そんな気持ちになったのだろうか。ざわざわと内なるものの波立つ春の夜。掲出句は、「ホトトギス雑詠選集 春の部」(1989・朝日新聞社)にあり、昭和十二年に掲載されたもの。昭和十二年といえば、河東碧梧桐が亡くなった年だな、ということを、以前どこかで観た、碧梧桐の猫の絵のくっきりした墨の色と共に思い出した。(今井肖子)

猫は昔も今も、数は変わらないのではないかと思う。しかし、今のほうが存在を強くしてならない。なぜならば、ちょっとしたスパーにいけば、猫の餌の缶詰が売っている。簡単に飼うことが出来るからと思う。ただし、ねずみを捕るような光景は見ることが出来ない。

昔の農家の作りでは、隙間だらけで猫は何処からでも出入り自由であって餌は、ご飯、おかかをかけただけの物だった。動物性タンパク質の補給でねずみを食べるしかなかった。

よくねずみを捕って、座敷でもてあそんだ最後に頭から食べる光景を見ることがあった。畳を汚して、母親に掃除をさせられたことがあった。だからねずみ退治に猫を飼うというイメージだった。今は、缶詰の餌で栄養よい。自然と餌を捕ることをしないで済んでしまい、本性を現さない。

猫を飼うには、猫の性格をよく知る事である。猫の性格は、完全に人間に馴れないのだ。一日のうちでも、喉をゴロゴロ鳴らし甘えるかと思うと、時に野生に戻る事がある。しかし床に泥足の跡を残して行くのには閉口してしまう。春になると発情する縁の下で唸りが聞えて来るころだ。

« 取材合戦の激しさを実感 | トップページ | 春の嵐 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の今昔:

» よりを戻す方法 [よりを戻す方法]
よりを戻す方法は、いろんな手段がありますが、どれも焦ってしまうと取り返しがつかなくなってしまうようなことになってしまいます。冷静に適切に対処すれば、ことがうまく運ぶことが多いです。 [続きを読む]

« 取材合戦の激しさを実感 | トップページ | 春の嵐 »