« 東京大空襲 | トップページ | 雲雀の思い出 »

2009年3月11日 (水)

暖冬とはいえ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
今日の名言

貧しくても、生活を愛したまえ。

ソロー『森の生活』(下)

08tyokai_zenzinnuma11 春の雪誰かに電話したくなり 桂 米朝

地球温暖化のせいで、雪国だというのに雪が少なくてスキー場が困ったりしている。春を思わせる暖かい日があるかと思えば、一晩に一挙に30センチ以上も降ったりすることが、近年珍しくない。私の記憶では、東京では冬よりもむしろ三月に雪が降ることが少なくなかった。

季節はずれに雪が降ったりすると、なぜかしら親しい友人につい電話して、雪のことにとどまらず、あれこれの近況を語り合ったりしたくなる。電話口で身を縮めながらも、「今ごろになってよう降るやないか。昼席がハネたら雪見酒としゃれようか」とでも話しているのかもしれない。

もっとも雪国でないかぎり、昼席がハネる頃には雪はすっかりあがっているかもしれない。雪は口実、お目当ては酒。春の雪は悪くはない。顔をしかめる人は少ないだろう。むしろ人恋しい気持ちにさせ、ご機嫌を伺いたいような気持ちにさせてくれるところがある。

米朝は八十八の俳号で、東京やなぎ句会の一員。言うまでもなく、上方落語の第一人者で人間国宝。息子の小米朝が、昨年10月に五代目桂米団治を襲名した。四代目は米朝の師匠だった。

米朝が俳句に興味をもったのは小学生の時からで、のち蕪村や一茶を読みふけり、「ホトトギス」や「俳句研究」を読んだという勉強家。「咳一つしても明治の人であり」「少しづつ場所移りゆく猫の恋などがある。小沢昭一『友あり駄句あり三十年』(1999)所収。(八木忠栄)

昔のことを、両親や祖父・祖母に聞いても信じられないことがある。地球温暖化は長らく同じ場所に住んでいると感じるのである。例えば50㌢も雪が降った。川に氷が張って乗って遊んだ。と言っても今の子供たちには信じられないが、体験して始めて分かる。

しかし、いくら温暖化と言っても、今の時期夜はまだ寒い。4・5日前から、家の前に記者たちが取材で張り込んでいるのである。いくら仕事とは言えかなりきつそうである。

具体的には、今民主党の小沢代表の秘書が、西松建設からの献金問題で逮捕されているが、その事件に関連して、自民党の二階俊博経済産業相にも不正の疑いがかかってきたようだ。その張本人の公設第一秘書が私の家の前に住んでいるいるからである。

そして、秘書の所在が、一週間前から不明であり、事情聴取するた、帰宅を前提に寒風に負けず待ち続けているからである。その数10人を超える、本当にご苦労さんのことである。

« 東京大空襲 | トップページ | 雲雀の思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖冬とはいえ:

« 東京大空襲 | トップページ | 雲雀の思い出 »