« 軽犯罪法の判断基準があいまい | トップページ | アフガニスタンの和平と復興への道 »

2009年3月29日 (日)

4月になると

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
今日の名言

恋する男にとっては、相手がどんな身なりをしていても、そんなことはどうでもいい、相手もかれのことを考えていることがわかればいいのだ。
ルソー『エミール』(下)

07yamazakura_kitakami11同じ顔ならぶ個展や春の雨 片山由美子

この句に詠まれている顔は、絵の中の顔ではなく、会場に来ている見学者の顔なのだろうと思います。個展会場の壁に整然と掛けられた絵、それぞれに、ひとつずつの顔が相対しており、その顔がどれも似ているというのです。いえ、同じだと言うのです。

むろん、人の顔そのもののつくりは違うものの、雨の中をはるばるこの会場へ来て、扉を開け、絵を観賞するために視線を向けている姿勢と心持は、それまでの時間がどんなに異なっていても、同じところに落ち着いてしまうもののようです。あるいは、描かれた絵の力によって、どの顔も、ほほえましい笑顔や、引き締まったまなざしを持つようにさせられているのかもしれません。

個展というのですから、広い敷地の美術館ではなく、銀座の裏通りに面した、こじんまりとした画廊ででもあるのでしょう。窓の外には止むことなく、静かに雨が降り続いています。見れば春の宵を、どの一粒も同じ顔をした雨が並んで落ちています。見るものと見られるものの関係の美しさを、やわらかく詠っています。「俳句」(2009年4月号)所載。(松下育男)

このところの陽気は、一ヶ月前に戻ったよな寒さになって、桜の花が咲きかけたが、なかなか、開けないで立ち止まっているようである。春休みの土日は、高速道路が1000円で行けるという。テレビで料金所などの中継が映し出されていた。観光客のドライブでかなり混んでいるもよう。これで景気が良くなるとは思えないが・・・・。

相撲も春場所が千秋楽である。でも、今日の横綱対決まえに、白鳳の優勝が決まってしまった。サッカーの10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会アジア最終予選は28日、各地で行われ、A組の日本は埼玉スタジアムでバーレーンを1-0で破った。両国の通算成績は日本の7勝2敗。日本は勝ち点を11に伸ばし、試合がなかったオーストラリアを抜いて首位に浮上した。A組のもう1試合でウズベキスタンがカタールに4-0で勝ち、3位以下の勝ち点はすべて4になった。

そして、私にとっては何と言っても重要な月末である。胃・大腸などの消化器系統の検査で30日一泊検査入院がある。今日から病院指定食にする。

四月になると恒例である町会関係・交通安全運動関係でスケジュールでちょっと忙しくなる。あんまり頑張らないでいこう。

« 軽犯罪法の判断基準があいまい | トップページ | アフガニスタンの和平と復興への道 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月になると:

« 軽犯罪法の判断基準があいまい | トップページ | アフガニスタンの和平と復興への道 »