« 東芝、薄型TV26型 | トップページ | 北朝鮮「衛星」打ち上げ »

2009年3月26日 (木)

春場所

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

今日の名言

友たるものは、推察と沈黙の術にすぐれた者であらねばならない。
ニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った』(上)

Asamayamas1琴光喜おしりが勝つと言うて春 中谷仁美

そのむかし相撲に熱中していた時期がある。毎日毎日中入り前から見ていたのであらかたの力士の名前を覚えていたが、この頃はめっきり見る機会が減り、番付に知らない名前が増えた。覚えているところでは太い腕で豪快に投げを打つ魁皇、朝青龍は相手をにらみ返す流星のような目が印象的だ。

琴光喜は作者が贔屓にしている力士。しこを踏む姿、立合いの仕切りの姿に回しをぎゅっと締めこんだお尻がチャームポイントなのだろう。大事な取り組みの勝利を願って作者は正坐でテレビを見守っているのかもしれない。

「この一番、勝って!」という熱い思いに画面の中の琴光喜のお尻が「勝つ」と答えているようだ。この勝負琴光喜寄り切りだろう春の雷の句のように怒涛の攻めで琴光喜が勝っただろうか。今場所も残り少ないけど、怪我することなく頑張ってほしいものですね。『どすこい』(2008)所収。(三宅やよい)

電気屋の 相撲に見入る 春の宵

ちょっと出かけたら、電気屋ののお店のテレビで相撲が映っていた、白鳳:琴光喜だった。思わず、覗いてしまった。他にも二人相撲好きな人がいて、勝負が決するまで見入ってしまった。

それにしても幕内力士で、人気なのが「高見盛」、どうもあの人がロボット的動きが、なっともユーモアで面白い、そして最後の塩の前に、パホーマンスが人気がある。相撲に勝って帰る花道は、天上向いて帰るが、負けたときには、下を向いて寂しそうにして帰る。その仕草がユニークで面白い。

最近、230キロと大きな身体で人気の「山本山」が人気がある。身体は他の力士より一回り大きいが童顔で、「一所懸命相撲を取っている」動きが観衆に良く伝わっているのだろう。勝っても負けても拍手喝采である。

« 東芝、薄型TV26型 | トップページ | 北朝鮮「衛星」打ち上げ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春場所:

« 東芝、薄型TV26型 | トップページ | 北朝鮮「衛星」打ち上げ »