« 土地表示価格の下落 | トップページ | 疑惑を徹底的に解明してほしい »

2009年3月25日 (水)

春は感動の涙あり

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

今日の名言

愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存すると考えられる。
アリストテレス『アリストテレス ニコマコス倫理学』(下)

15401全身を春いっぱいにする涙 豊原清明

関東地方でもようやく桜がほころびはじめた。春はなにも桜とかぎったわけではないけれど、やはり桜が咲くことによって、私たちのからだのなかにも春は機嫌よく広がってゆく。「全身を春いっぱいにする」のは、春の真新しい涙に映っているチューリップであり、辛夷であり、桜であり、青空に浮かぶちぎれ雲かもしれない。

それらは春があちらこちらにあふれさせ、こぼした「涙」とも言えるのではないか。「涙」をもってきたところに、作者の清新なポエジーが感じられる。幸せいっぱいの涙、悲しみをこらえきれない涙、理由もなくセンチメンタルになってしまう涙・・・・全身になぜか涙が広がり、春が広がってゆくうれしさ。

きれいな季節を奏でているかのような春の涙。春こそいろいろな意味での「涙」があふれる季節、と言っていいかもしれない。その涙は目からあふれるにちがいない。それ以前に全身これ春というふうに涙がいっぱい詰まっている、そのように大胆にとらえているところに、この詩人独自のポエジーの躍動が鮮やかに感じられる。

春と涙の関係に鋭く着目したわけである。清明は処女詩集『夜の人工の木』で第一回中原中也賞を受賞した(1996)。「朝日新聞」俳壇では金子兜太選で現在も頻繁に入選していて、私は以前から注目している。清明は「ここ数年、真面目な俳句を『海程』に投句しています」と書いている。「火曜」97号(2009)所載。(八木忠栄)

春といえば、生き物すべてが萌える季節である。人間もコートを脱ぎ軽快な足取りになる。第81回春の全国高校選抜野球大会が真っ最中である。若いエネルギーを身体を動かすことで消化することは素晴らしい事である32校(21世紀枠含め)甲子園の春風を身体に当ててドラマチックな試合が連日行われている。

最近は試合に負けて球場の砂を泣きながら袋に入れて退場する姿が少なくなったようだ。それだけドライになって来たのかなぁー。

涙と言うなら昨日のWBCの韓国対日本の試合は延長10回イチロウのヒットはドラマチックで感動した。韓国とは2勝2敗で決勝戦である。それぞれ強力打線のベネズエラ・アメリカを破って勝ち上がってきたのだから凄い一戦であった。結果的には5対3で日本が昨年に続き連覇した。

イチロウの延長10回2アウト2・3塁の場面でヒットが打てるとは「神が下りてきたようだ」とそして、「痛くなっるような緊張感があった」「期待を一身に受けていたこの場面で打ててよかった」話されていたのが印象的であった。観衆の涙して喜んでいた映像が日本各地からあった。不景気で沈滞気味を吹き払い、勇気とやる気を起こさせてくれた。

« 土地表示価格の下落 | トップページ | 疑惑を徹底的に解明してほしい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春は感動の涙あり:

« 土地表示価格の下落 | トップページ | 疑惑を徹底的に解明してほしい »