« 今日の嬉しいニュース | トップページ | 報道番組の在り方を問う »

2009年3月17日 (火)

花粉症

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

今日の名言

時分の花を誠の花と知る心が、真実の花になほ遠ざかる心なり。ただ、人ごとに、この時分の花に迷ひて、やがて、花の失(う)するをも知らず。
世阿弥『風姿花伝』

07yamazakura_kitakami11そこまでが少し先まで蝶の昼 深見けん二

日課のように家から200mくらい先のポストまでの道を、季節や天気によって最短距離を選んだり、寄り道したりして歩く。このところのあたたかな陽気では、思わぬ時間を取ってしまい、たかだか投函というだけで小一時間ほどが過ぎている。

道草の語源は馬が道ばたの草を食べてなかなか先に進めないということからきているという。そうか、だから「道草を食う」というんだ…、などと、思いめぐらせることさえのどかな春の午後である。

掲句は「蝶の昼」という華やかな季題によって、舞い遊ぶ蝶に「そこまで」の用事を一歩もう一歩と誘導されているようだ。しかし、浦島太郎よろしく「ああ、こんなところまで」と詠嘆の大時代的なもの言いでないところが、現実の静かな実感である。しかし「少し先」には、いつもの「そこまで」とはわずかに違う、ささやかな甘い実感が伴う。

隣りに並ぶ蝶に会ひ人に会ひ又蝶に会ふ〉では、掲句よりさらに先まで、めくるめく感覚に歩を進める。次元の裂け目に移ろうようにひらひらと心もとなく舞う蝶を寄り代にして、現実の世界をすべてをまぼろしのように見せ、危うく美しい無限世界を描いている。『蝶に会ふ』(2009)所収。(土肥あき子)

昨日買い物に行き、国道沿いを1時間ぐらい歩いた。今まで全く感じなかった「花粉症」にかかったようだ。家に着いて見たら、目のかゆみがあり、涙がとまらない。その上くしゃみが連発である。「イヤー参った」。

確かに、自動車のほこりと風があったからだろうと思うが、自分は絶対アレルギーはないと自信を持っていたのが・・・。

蝶になり 行き先迷う 陽気なり

花粉症 悩みの多い 花見かな

« 今日の嬉しいニュース | トップページ | 報道番組の在り方を問う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:

« 今日の嬉しいニュース | トップページ | 報道番組の在り方を問う »