« 緊張感がなくなった若者 | トップページ | 貧しくて学べない »

2009年3月18日 (水)

オバマ大統領、AIGの高額ボーナス支給撤回求める

                                    Yokohama1                                                                               
どうも日本人の性格と大分かけ離れているようで仕方がない。さすがにオバマ大統領に限らず怒りは、普通のアメリカ人も怒り心頭である。AIG社員の方もインタビューでボーナスは一部の人間であり非常に怒っていた。公的資金何度も入れているのである。

納税者に対する暴挙をどう正当化するのか」。オバマ米大統領は16日、巨額の政府支援で破綻を免れながら、経営難の原因となった部門の幹部に高額のボーナスを支払っている米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を強く非難し、ボーナス支給の撤回を求めたようだ。

NHKweb・・・事実上の公的管理下に置かれているアメリカ最大手の保険グループ、AIGが、巨額のボーナスを支給した問題で、最高で6億円余りを手にした幹部社員がいたことが明らかになりました。批判の高まりを受けて、アメリカ議会では、支払われたボーナスに高い税金をかける新たな法案を提出する動きが出ています。

この問題は、公的支援を受けて経営再建中のAIGが、先週、幹部社員に総額1億6500万ドル、日本円でおよそ160億円の高額のボーナスを支給したものです。これについて、AIGの本社があるニューヨーク州のクオモ司法長官は、17日、アメリカ議会に書簡を送りました。

それによりますと、ボーナスの最高金額は640万ドル、6億3000万円で、上位10人の総額はおよそ41億円に上るということです。また、AIGは、ボーナスの支給は優秀な人材をつなぎ止めるため必要だと説明していましたが、100万ドル以上を受け取った73人のうち11人は、すでに会社を辞めたということです。

司法当局は、AIGに対し、ボーナスを受け取った幹部社員の名前などを公表するよう求め、違法な行為がなかったか捜査を続けていく方針です。国民の税金で破たんを免れている企業が巨額のボーナスを支給したことについて、アメリカでは批判が高まっています。

与党・民主党の一部の議員は17日に、記者会見し、幹部社員が受け取ったボーナスに100%の課税をかける新たな法案を提出すると発表しました。また、別の民主党の議員の間でも、高い税金をかける法案を検討する動きが出ています。

さらに、ホワイトハウスのギブス報道官も「オバマ大統領はすべての手段を検討し尽くすまでは満足しない」と述べ、ボーナスの返還に向けた具体策の検討を引き続き行う考えを示しました。

« 緊張感がなくなった若者 | トップページ | 貧しくて学べない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領、AIGの高額ボーナス支給撤回求める:

» AIGとオバマ [情報と意見交換の場]
3月19日(ブルームバーグ):米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)は19日、賞与支給問題で米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を批判してきたオバマ米大統領とドッド米上院銀行委員長は、選挙戦の際に同社社員からの政治献金を受けていたと報じた。センター・フォー・リスポンシブ・ポリティクスのデータを基に伝えた。... [続きを読む]

« 緊張感がなくなった若者 | トップページ | 貧しくて学べない »