« 高速料金値下げ | トップページ | タンポポとおき去りのボール »

2009年3月15日 (日)

切り詰めたい費用は「食費」

08yokotesigai_yuukei21景気の底が見えない、消費者の自己防衛の知恵で、何とか不況を乗り切りたいとの思いは、生活費を見直しせざるを得ない。生きるための三大要素である「衣・食・住」を切り詰めを考えているのは一番手は「食費」だそうだ。

このところ『訳有り商品』が人気が出ているそうだ、野菜などの規格外れ・ちょっとした疵などであるが、今朝のNHKのテレビで、魚介類などの食品から、衣類・電機製品・旅行のホテルなど今まで見捨てられたものまで、格安で商品化する。これも節約なのだと思う。

J-CASTニュース・・・100年に一度の不況といわれるだけに、世の中全体に節約ムードが漂っている。中でも、食費を節約したいと考える人は最も多く、安い食材や節約レシピで切り詰める方法がいろいろ紹介されている。

調査会社のアイシェア・・・の「節約」に関する調査結果によると、「もっと節約したい、節約できると思う費用」の1位は外食費で43.2%、2位に食料・飲料費33.4%、3位に水道・光熱費30.0%。食費を節約したいと考える人がいかに多いかが伺える。調査は2008年11月19日~21日に実施、12月8日に発表した。有効回答数は437人。

食費節約法は実際にはどんなものがあるのか。フジテレビ系朝の情報番組「めざましテレビ」(2009年3月5日)内のコーナーでは、ホットケーキミックスを使った節約レシピが取り上げられた。渋谷の女子高生・大学生への聞き取り調査でわかったものだ。

牛乳150CC、卵1個、ホットケーキミックスを混ぜて炊飯器で炊き上げるだけで完成する。炊飯器で作るということがポイントで、大きく膨らみ、パンのような食感が楽しめるそうだ。食べきれないときには学校へと持参し、おやつにもぴったりだと紹介された。番組の試算では、1食分111円でできるそうだ。なお、あるスーパーでのホットケーキミックスの実売価格は、600g入り(150g×4袋)で329円だった。

これを裏付けるかのように、森永製菓広報ではホットケーキミックスの売り上げは2005年に比べて2008年は127%増。右肩上がりで伸びている。「節約志向も一つだが、食の安全意識から手作りが見直されている。また、手間がかからない手軽さもよいのでは」と担当者は話している。

スパゲティも注目を集めている食材の一つだ。横浜税関が2009年2月26日に発表したデータによると、08年のスパゲティの輸入量は11万7154トンで前年比23.5%増えた。社団法人パスタ協会の山本丈夫さんは、輸入量の増加には円高が関係しているとしながらも、次のように話す。

「内食回帰の傾向もあって、家庭で食べる人が増えているように感じています。スパゲティは単価が安く、手軽。300グラムあれば4人家族の夕食が間に合います。しかも、パスタソースの種類も昔に比べれば、増えましたしね」

なお、あるスーパーでは、日清製粉の「マ・マー スパゲティ」シリーズは300gで199円、450gで299円、600gで399円にて売られている。1食分の目安は100g。という。

« 高速料金値下げ | トップページ | タンポポとおき去りのボール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切り詰めたい費用は「食費」:

« 高速料金値下げ | トップページ | タンポポとおき去りのボール »